広告

CP+2022はパシフィコ横浜会場イベントを中止し、オンライン単独開催に

CP+2022はパシフィコ横浜会場イベントを中止し、オンライン単独開催に

一般社団法人カメラ映像機器工業会は、2月24日より4日間開催を予定していたCP+2022パシフィコ横浜会場イベントを中止し、オンライン単独開催とすると発表した。

プレス発表によると、

CP+2022は、コロナ禍の中で開催するイベントとして『来場者と出展社の安全・安心』を最重要事項に掲げ、万全な安全対策を行う前提で、パシフィコ横浜会場とオンラインのハイブリッド開催に向けた準備を進めてまいりました。
しかしながら、年明け以来急拡大しているオミクロン株の猛威によって、現在、感染者や濃厚接触者の急増、抗原検査キットの供給逼迫など、安全なイベント運営に支障をきたす事態になっております。

主催者として、常にコロナ感染状況を注視しながら、考え得る限りの対策をとってまいりましたが、来場されるお客様、出展社スタッフ、その他すべてのイベント関係者の安全・安心を最優先に考えた結果、この状況でCP+2022をリアル開催すべきではないと判断し、パシフィコ横浜会場イベントを中止して、オンライン単独開催とすることを決定いたしました。

としている。

なお、オンラインイベントは2月22日(火)~27日(日)まで行われる。

CP+のホームページはこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects