広告

CineDから新年のご挨拶 - 今後の展望

CineDから新年のご挨拶 - 今後の展望

CineDから新年のご挨拶です。2022年は、CineDにとって大変な年でした。注目すべき統計データと、2023年の展望を簡単にご紹介します。

2022年が終わり、業界全体、そして特にCineDで起こったすべてのことを振り返ってみたいと思います。そして、まだ始まったばかりなので、今年の最大の計画を皆さんと共有できることを嬉しく思っています。

しかし、まずは映像製作技術業界全体に何が起こったかを簡単に振り返ってみましょう。

2022年の映像製作技術:破壊されたサプライチェーンと業界を破壊する製品?

映画製作技術業界では、Covid-19の大流行とそれに伴う工場の操業停止により、エレクトロニクス製品を作るために必要な多くの部品や材料のサプライチェーンがかつてないほど寸断される事態が発生しました。簡単に言うと、カメラやレンズ、ライトを合理的な時間で手に入れることが難しくなったのです。そのため、ほとんどのメーカーにとって、いつになったら意味のある数を出荷できるのかという不安から、製品投入の妨げにもなっていました。

ミドルレンジカメラのイノベーション・・・

カメラのイノベーションという点では、ミラーレスカテゴリーのようなミッドレンジカメラにとって革命的な年ではなかったと思います。しかし、富士フイルム X-H2(ミラーレスカメラ・オブ・ザ・イヤー)、X-H2S、キヤノンEOS R5 C、ソニーFX30や最近のニコンZ 9のアップデートなど、多くの改良(より良いAF、優れたコーデック、小型化…)を見ることができました。一般的に、市場は携帯電話による映像製作の絶え間ない進歩に脅かされており(携帯電話の代わりにカメラを持った観光客の集団を最後に見たのはいつだったか)、また何年も前から縮小傾向にあります。

The FUJIFILM X-H2 was selected CineD Mirrorless Camera of the Year 2022. Image credit: CineD.

..そしてハイエンドシネマのための巨大な飛躍

しかし、ハイエンドカメラに関しては、ARRI ALEXA 35の登場を目撃しました。このカメラは、ダイナミックレンジとラティテュードの点で、我々のラボテストでも証明された通り、競合他社を完全に圧倒しています。ARRIにとって12年ぶりの全く新しいセンサーは、今後何年にもわたってシネマカメラの最上位機種を定義することを約束する結果をもたらしました。中級機市場は縮小傾向にありますが、ハイエンドカメラ市場は活況を呈しています。

ARRI ALEXA 35
A revolution for high-end filmmaking: the ARRI ALEXA 35. Image credit: CineD

2022年のCineD:カメラとレンズのデータベースが開始され、これまで以上にレビューとエデュケーションが強化されます

年始のパンデミックはまだ終わっておらず、私たちは最高の人材と協力しながら、新しい機能とコンテンツに多額の投資を続け、究極のオンライン「映像制作者のためのスイスアーミーナイフ」になるための努力を倍加させました。

CineD Databases on desktop and mobile devices
Introduced with great success in 2023: The CineD Camera & Lens Databases. Image credit: CineD.

デスクトップとモバイルデバイスのCineDデータベース

8月、長年開発を進めてきた「CineD Databases」をついに公開しました。ダイナミックレンジ、ラチチュード、ローリングシャッターなど、定評あるラボテストの結果と、テストしたすべてのカメラの記録モードと時間の完全リストなどの追加データを融合し、カメラの性能に関する検証済みで比較可能な究極のリソースにしたいと考えました。さらに、レンズデータベースとレンズカバレッジツールは、カメラデータベースとレンズデータベースのデータを組み合わせて使用します。

私たちが受け取ったフィードバックから、私たちはカメラ技術情報の究極のリソースになるという目標を達成したと感じています。ラリー・シャー(ASC)、撮影監督(ジョーカー、ハングオーバー、その他多数)からは、「データベースは画期的だ。これは私が長い間、一箇所に存在させたいと思っていたものだ」とメールをいただきました。まさにこのようなフィードバックがあるからこそ、私たちは前進し続け、さらにコミュニティに恩返しをしようと努力しているのです。

トレードショーの復活 – そしてCineDの動画中継の復活

2022年は、業界のトレードショーが復活した年でもありました。関係者の誰もが、このイベントが開催されなかったこの数年間、自分たちが何を失っていたのかに気づいたのです。それは、機材ではなく、リラックスした雰囲気の中で同僚やメーカーと個人的に交流することです。そして、以前と同じように、私たちは再び世界中を旅してショーをカバーするようになりました。ロンドンのBSC Expo、ラスベガスのNAB、ロサンゼルスのCine Gear、アムステルダムのIBC、東京のInterBEE・・・トレードショー・サーカスに大復活したのです。私たちは何十本ものトレードショーのビデオを撮影し、多くの新製品を取材しました。ぜひ当社のYouTubeチャンネルにアクセスしてみてください。

CineD stand at IBC 2022
CineD stand at IBC 2022. We’ll also be coming to NAB 2023 in Las Vegas, with our own booth. Image credit: CineD.

9月にアムステルダムで開催されたIBCでは、今年初めてのトレードショーブースも出展しました。2008年からトレードショーを取材してきましたが、その間CineDは大きく成長し、他のブランドのブースで新製品を取材するのとは別に、展示会場で存在感を示すことが必要になってきました。

そして、IBCでの経験がとても素晴らしかったので、2023年4月にラスベガスで開催されるNABにもブースを構えることにしました。詳細については、今後数カ月以内に発表する予定です。ぜひお立ち寄りください。

CineDにおけるオリジナルビデオコンテンツの重要性

私たちは視聴者のためにできるだけ多くのオリジナルビデオコンテンツを作成することが重要だと考えています。私たちは映像制作を仕事にしていますので、映像のプロフェッショナルである視聴者のために、できるだけ多くの映像を制作することに全力を尽くさなければなりません。そのため、私たちのYouTubeチャンネルは、小さなCineDチームにとって最優先事項なのです。映画制作技術に関する高品質で偏りのないレビューだけでなく、オピニオンリーダーとの関連性の高い業界討論や、革新的な新製品に関する報道などです。2022年、私たちはYouTubeチャンネルで150本のビデオを制作・公開しました。2023年には、さらに多くの視聴者にリーチできるよう、新しいフォーマットを考え、YouTubeで行っていることを完璧なものにし、ウェブサイトとYouTubeの視聴者をさらにつなげたいと考えています。

2022年に発表した48本のレビューのほとんどは、文章によるレビューに加えて、ビデオによるレビューも含まれています。レビューには多くの時間がかかります。それでも私たちは、関連するすべてのカメラをビデオレビューでテストし、カメラを持ち出して実生活に近い状況に置くことに全力を注いでいます。カメラレビューに加え、今年はアクセサリーレビューもより多く行っています。

The CineD YouTube channel. Please give us a follow there if you are not subscribed yet. Thank you!

CineDのライティングコンテンツ

しかしもちろん、CineD.comの中心はやはり文章によるコンテンツです。そのため、その分野でもハードにプッシュしました。2022年には、国際版CineDの英語版で957記事、日本語版で778記事、スペイン語版で473記事が執筆されました。編集部の多大な努力に感謝します。CineDは非常に多作ですが、世界中に散らばっている(本社はオーストリア・ウィーン)数名の非常に熱心なエキスパートの仕事と経験に頼っています。増え続ける編集チームの一員になることに興味がある方は、現在募集中の新しいライターの採用情報をご覧ください。1月中に応募者全員にお返事を差し上げます。

機材よりも大切な、スキルを身につけるための映画制作教育

2021年、私たちはオンライン映画制作コースプラットフォームのリーディングカンパニーであるMZedを買収し、映画制作教育へのコミットメントを果たしました。私たちは、技術を磨くことの次に、最新のギアではなく、最高の映画制作教育こそが、より良い映像制作者を育てると心から信じています。しかし、撮影、監督、プロデュース、編集など、映画制作の技術に関する経験や知識は、決してそれに代わるものではありません。

Now available: New MZed course on Cinematic Timelapse with Drew Geraci, Part 1. Image credit: District 7 Media/MZed.

2023: CineDは、これまで以上に教育コースを充実させます

そこで私たちはMZedを充実させるため、2022年だけで10の完全な新コースと数百の新コースレッスンを追加しました。私たちは、世界最高のフィルムメーカーや世界的に有名なメーカーとのCineDのコンタクトを利用して、これまでで最も素晴らしいコースのいくつかを形成するのに役立っています。つい先日、「Cinematic Timelapse with Drew Geraci」のパート1が追加されました。これは、タイムラプスの絶対的なマスター(有名な「House of Cards」のイントロやその他多くの作品のメーカー)の最も深いブレインピッキングの全く新しいコースです。今後、Ollie KenchingtonによるCanon EOS R5 Cの奥深さ(究極のビデオマニュアル)、Alister ChapmanによるSony FXカメラのCine EIモードの正確な使用方法を説明する新しいコース、Wildlife Filmmakingコース、Paul Atkins, ASCとStephen Lighthill, ASCによる個別のライティングコース、その他にも追加される予定です。

すべてのフィルムメーカーのための特典が満載

MZed Proの年会費には、プロの映像制作者やクリエイターにとって価値あるコンテンツをできるだけ多く詰め込もうという考えがあり、そのためにメーカーからの会員割引や無料特典をできるだけ多く追加することにも力を注いでいます。(Dropboxの代替品、pCloudの生涯30GBストレージが含まれています)。

2023年に登場:映画製作技術に関する週刊ポッドキャスト

ポッドキャストは再び大流行しており、私たちはこれを行うことをしばらく考えていました。2023年の初めに、私たちはこれを開始します:私たちが先週カバーしたすべてのものについての定期的な、おそらく週1回のポッドキャストです。ジョニーと私、そして時には他のチームメンバーやゲストが、最新の製品、最新のレビュー、そして今起こっていることに対する私たちの考えについて、”定期的に “しゃべります。まだ名前のないこのポッドキャストは、オーディオポッドキャストとしてすべての関連ポッドキャストサービス(Apple Podcasts、Spotify…)で紹介され、おそらくビデオ形式でも私たちのYouTubeチャンネルで紹介される予定です。詳細と明確な開始日については、今後数週間のうちに明らかにします。

Coming soon: Weekly CineD Podcast with our ramblings about what’s happening in the industry! Image credit: Harry Cunningham via Pexels

その他に用意されているもの

2023年には、まだお伝えできない新しいことがたくさんあります。最新情報を得るために頻繁に訪れてください。また、いつも通り、皆様からのご意見をお待ちしています。ぜひ、コメント欄にご記入ください。

視聴者の皆様、本当にありがとうございました。もしあなたが私たちのコンテンツを気に入っていただけたら、私たちのコンテンツを見たり読んだり、YouTubeInstagram(およびその他のプラットフォーム)で私たちをフォローしてください。

最後になりましたが、CineDのみんなにもう一つ大きなエールを送ります。サイトのコンテンツ執筆、開発チーム、データベースの充填、広告販売、カメラ補助、翻訳などなど、すべてを継続させている、普段は見られない多くの顔があります。ありがとうございました。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手