このページ

CineDの運営方針について

CineDは契約販売店とのアフィリエイトと各機材メーカーの広告によって運営されています。CineDのアフィリエイト契約店は、米国はB&H、欧州はCVP、そして日本はフジヤエービック様で、いわゆるBuy Linkをクリックすることにより、契約店のショップサイトに移行し、ここで購入されるとアフィリエイト費が契約店からCineDに支払われます。

また、機材メーカーからはバナー広告やビデオに挿入する広告によって収入を得ています。

一方、CineDはシネマカメラをはじめとする映像機材を紹介、評価する記事を映像クリエーターや映像業界を対象とする視聴者にお届けしています。視聴者が機材の情報を正しく得るためにも、このような評価記事は公正に書かれるべきで、広告やアフィリエイトによって評価が左右されるべきではありません。もしそのような理由で評価が左右されたら、たちまち信用を無くしてしまうからです。CineDではこれを最重要な運営方針としています。

CineDには毎月多くの新製品や試作品が届きます。これらすべてを記事にできるわけではありませんが、できるだけ多くの新製品を記事にしたいと考え、毎日2件以上の記事をリリースしています。これはもちろんユーザーへの情報になりますが、同時にメーカーへのフィードバックにもなっています。その結果、製品はより洗練され、ユーザーにも、メーカーにも、そしてCineDにも利益になると考えています。

CineDは、2020年8月にcinema5Dから移行しました。サイト名やサイトデザインは変わりましたが、この運営方針は変更ありません。今後とも視聴者の皆様、メーカーの皆様、そして契約販売店の皆様との信頼関係を大切に、記事をリリースしてまいりますので、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

CineD® team