Broadfish - ストーリーボード製作用アプリ

Broadfish - ストーリーボード製作用アプリ

ストーリーボードを作った経験はあるだろうか?あるいは視覚的に見せるムードボードのようなものはどうだろうか?イメージを適切に伝えるための、何かうまい方法はないものだろうか?Boardfishはこのような要求に応えられるかもしれない。

boardfish

Boardfishとは?

創造的な仕事をする場合、うまく考えを整理してくれるものがあれば良いが、なかなか適当なものはない。Basrdfishは、構成を考えていく作業をサポートしてくれるアプリだ。ストーリーボードやムードボードを作って行くうえで、Boardfishは使い易いうえに、かなり役に立つ。下のビデオを見ると、その概要が分かるだろう。

個人的には、このシンプルさが実に美しいと思う。ボードレイアウトなどを作成するのに使えると思われるだろうが、それだけではなく、いろいろな用途に使える。とてもすべての機能を使いこなせないほどだ。しかし一方で、Baoardfishは一つの目的だけのための、極めてシンプルなアプリだ。多くある機能は右側にまとめられており、しかも複雑なメニューではないので、機能をメニューの奥深く探すことは無い。

使い方

レイアウトを決めると、それに沿ってストーリーが並べられ、順番を変更することができる。各アイテムを消去したり、一時的に隠したり、ドラッグ&ドロップで順番を入れ替えたりできるが、操作は極めてシンプルだ。試してみたい場合は、boardfish.ioからダウンロードできる。無償のトライアルバージョンの機能にほぼ制限はないが、印刷したり、出力したり、あるいはセーブすることはできない。使い方についての詳細ビデオが下にあるので、参考にして欲しい。

 

必要な設定は、ページ、パネル、タイトルの3つのパネルで構成されている。ここで全体の設定や、最終のレイアウトにどのように表示するかなどの設定ができる。

唯一欠点は、従来通り、作画はしなければならないこと。残念だが、こればかりは仕方がない。

フル機能バージョンは$99で直接boardfish.ioで購入できる。現在のところ、MacOSバージョンのみ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する