Cameras + Formatsがv4.0に - カメラ機能一覧ツール

2020.8.13
Cameras + Formatsがv4.0に - カメラ機能一覧ツール

AbrandのCameras + Formats v4アプリがアップデートされる。いくつかのツールと計算機が追加され、インターフェースも改善される。

iOS用のCameras + Formatsアプリについては、以前の記事を参照いただきたい。最新のアップデートは近日提供予定で、インターフェースの見直しと、新しい転送ツール、計算機、および他のツールの改善が行われる。

Cameras + Formatsとは?

Cameras + Formatsは、iPhoneで使用できるクイックリファレンスツールで、一般的なビデオカメラの仕様と機能を確認できるだけでなく、電力要件と実行時間、さまざまなコーデックとフォーマットのデータレート、さらにはデータ転送時間も調べることができる。

Arri、Canon、Red、Sony、Blackmagic、Panasonicなどの100種類を超えるカメラが登録されている。またProRes RawやBlackmagic Rawを含む75以上のフォーマットもカバーしている。

新デザイン

以前は、2つの異なるメニューでカメラを見つける必要があった。まずスペックを表示し、次に関連ファイルのサイズを調べる。 Cameras + Formats v4.0では、カメラを検索するだけで済み、ツールを変更したり、さまざまな情報をすべて表示しても、選択したカメラはアクティブなままとなっている

転送

The transfer tool makes it easy to estimate files transfer times

新しい転送ツールにより、転送時間の見積もりが簡単になる。これは、ハードドライブへの転送や、オンラインでの転送時間の計算に使用できる。いつでも簡単にアクセスできるようにプリセットとして保存できる。

消費電力表示

In Cameras + Formats v4.0 you can calculate the power draw of accessories on your camera.

新しいツールを使用すると、カメラにアクセサリーを追加して、推定消費電力とバッテリー持続時間を確認できる。また、任意の構成で指定時間実行するために必要なバッテリーの数を計算することもできる。

その他の改善項目

  • Dark モード (requires iOS 13)
  • お気に入り、メモ、保存済み、設定用のiCloudデータ同期
  • 比較機能は、仕様だけでなくすべてのツールで機能
  • カメラとフォーマットのリストは単一のメニューに統合される
  • フォーマットツールは、特定のフォーマットで使用可能な最大FPSを表示
  • 計算を保存し、後で[保存]ボタンをタップして計算できる
  • お気に入りを追加するときに「優先ツール」を設定すると、必要なものにすぐにジャンプできる
  • 古いモデルを非表示にしてカメラメニューをシンプル化
  • アプリ全体で役立つヒント
  • 中国の製造元サポートの電話番号

Cameras + Formatsのバージョン3.5はApp Storeから購入できる。バージョン4はまもなくリリースされる予定。

バージョン4は月額$ 2.99、または購入では$ 49.99で、将来のすべてのアップデートが含まれる。既存のCameras + Formatsユーザーは、追加費用なしでバージョン4に更新できる。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する