Fotonが25-300mm T2.8 シネズームを発表

2019.5.7

新興のレンズメーカーFotonが、NABでT2.8 25-300mm Super35mm 12倍ズームを展示している。このレンズは非常に大きなレンズだ。

このレンズはまだ生産されていないが、展示を見る限りいくつかの問題もあるようだ。例えば、このレンズは大判のRED Monstroに装着されていたが、このレンズはSuper35mmなので5K以上でトリミングされる。ビルド品質も少し疑わしい。T2.8にしようとしてレンズリングを回すと、T2.8のマークまで行きつかずに止まってしまった。

また、最小焦点距離が2mで、ブース内のものに焦点を合わせるのに苦労した。画質のキレも良くなく、かなりソフトな印象だ。価格はこのスケールの他のズームレンズに比べると手頃だが、解決する問題がいくつか残されている。

Fotonの親会社であるDZOは中国を拠点としている会社だが、Foton自体はカリフォルニアを拠点としているとのこと。(下の画像)

新しい挑戦者が出てくるのは喜ばしいことだが、このレンズが既存のメーカーにとって脅威となるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment0