フジノンXK20-120mmPLサーボモーターレスバージョンを追加

上のビデオは「字幕」ボタンで日本語字幕が表示されます。

 

フジノンは、サーボモーターがつかないXK20-120mm PLマウントを発売した。また、価格はサーボ付きバージョンに比べ安価に設定されている。サードパーティーメーカーはマウントアダプターを発表している。

フジノンは Cabrio 20-120mm PLを2年前にリリースしたが、多くのユーザーはサーボモータユニットを取り外し、フルマニュアルレンズとして使用している。また、フォーカス、ズーム、アイリスのみカメラからコントロールしているケースも多い。このため、同社はサーボモータユニットを搭載しないレンズもラインアップに加えることにし、10,000ドルを下回る価格設定とした。これにより、ZEISS LWZ.3 21-100mmと同じ価格帯になった。

従来のサーボモーター付きバージョンは従来どおりの価格で販売されるが、この変更により、TiltaやChroszielなどのメーカーの電動コントローラーと組み合わせて使用することができる。

XK20-120mm PLレンズは「ユニバーサルマウント」で、サードパーティー各社がPLから他のマウントに変換するサービスを行っている。これにより、アダプターではなく、ネイティブレンズマウントでレンズを装着することができる。 この変更はユーザーでもできないことはないが、保証が無効になってしまうため、フジノンはサードパーティー各社での変更を推奨している。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

FUJINON MK18-55mm T2.9

 

 

 

FUJINON MK50-135mm T2.9

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する