Gnarbox 2.0 - パソコン不要のバックアップシステム

2019.4.30

Gnarbox 2.0は昨年Kickstarterキャンペーンで成功を収めたバックアップストレージデバイスで、間もなく出荷される予定だ。Gnarboxは写真やビデオのカメラマンにとって安全で信頼できるバックアップシステムと言える。

Gnarbox 2.0は、主に内部ストレージ容量の違いで、256GB、512GB、1TBバージョンの3種類用意されている。またSDカードスロット、USB Cポートと着脱可能なバッテリーを備えている。ただしSDカード以外のカードで記録した場合は、適応するリーダーを接続する必要がある。RAW画像やHD映像を撮影するユーザーにとっては、1TBあれば1日の撮影に十分だろう。 しかしREDや4K 以上のRAWを記録する場合は、適切な機材ではないかもしれない。

Gnarbox 2.0を手に取ると、堅牢にできていることが分かる。万一Gnarboxを水中に落としてしまった場合は、IP67規格に準拠しているため、8cm程度の水深なら30分間は耐えられる。

操作は4つのボタンで行い、最長6時間の連続バックアップをとることができる。また、詳細メニューから映像ファイルを特定のフォルダに入れることもできる。各フォルダには、「カメラA、カメラB」などと名前を付けることができる。後でマスタードライブにダンプする場合も、そのフォルダー構造は維持される。

Gnarboxにはバッテリーが1個付属しているが、デュアル充電器、ワールドワイド対応電源、Gnarboxブランドのカードリーダーなどのアクセサリーも用意されている。

Gnarbox 2.0がどの程度の耐久性を持っているのか、今後テストしてみたい。

価格 

  • Gnarbox 2.0 SSD 256gb – $499.00
  • Gnarbox 2.0 SSD 526gb – $599.00
  • Gnarbox 2.0 SSD 1TB – $899.99

Kickstarterで予約注文している場合は、一般の購入者よりも早く入手できる。

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment