iFootageがShark Slider Nanoを発表

iFootageがShark Slider Nanoを発表

iFootageはShark Slider Nanoをリリースする。このスライダーはNAB2019で発表され、それ以降開発が続き、改良されてきた。

iFootageはデジタル一眼レフ/ミラーレスカメラやスマートフォンに最適なコンパクトな電動スライダー、Shark Slider Nanoを発売する。発売前に初期のサンプルが贈られてきたのでレポートする。ただし、最終的な量産品ではないため、その評価は量産品まで保留したい。

iFootage Shark Slider Nano with the FUJIFILM X-T4 on top. Credit: CineD

コンセプト

これは、このタイプの電動ヘッドスライダーとしては典型的なものだ。最近はインタビューで、予算内で可能であれば2台のカメラを使用する。昔は時間的にも1台のカメラでこなしていたが、徐々にクリエイティブなインタビューとなり、現在では2台のカメラでの撮影がが人気だ。

手頃な価格のポータブルスライダーと小型のミラーレスカメラが導入され、最近ではそのような撮影は更に進化している。これまでの最も一般的な方法は、ポイントAからポイントBにスライドし、カメラを一方向に向けることだった。つまり、被写体は「ロック」されていなかった。しかし、電動ヘッドなどをスライダーに追加することにより、これが可能になり、はるかにクリエイティブな撮影が可能になっている。

Shark Slider Nano – New touch LCD screen. Image credit: CineD

iFootageは電動ヘッドがスライダーに組み込まれて統一した動きができる、手頃な価格のスライダー、Shark Nano Sliderを発表した。これは2軸の移動のみ(傾斜なし)が可能だ。インタビューでは、Shark Nano Sliderを使用すると、被写体に「ポイントAの位置」でロックを設定し、スライダーを「ポイントB」に移動して、もう一度その被写体にロックすることができる。その結果、スライディングショットでは常に被写体が中央に来る。インタビューで2台のカメラを使用するが、そのうちの1台は自動で動作できるようになる。

iFootage Shark Slider Nano, Bundle Package. Image credit: CineD

同梱品

撮影に必要なすべてのものが同梱されている。小さなトラベルバッグ、ソニーNP-Fタイプのバッテリー(7.4V、4400mAh、32.5Wh)、タイムラプスモード用のさまざまなカメラリモートケーブル、USB-C充電ケーブル、多用途のスマートフォンホルダーも同梱されている。必要なコンポーネントやケーブルを探す必要がないので、ユーザーにとって大変嬉しい決定だ。

Shark Slider Nano – New touch LCD screen. Image credit: CineD

オプションと使用感

今回使ってみて幾つか懸念事項があったが、その多くはファームウェアに関することだった。ファームウェアアップデートで修正される予定だ。下記はメーカーからの回答。

なお、スライダー自体と内蔵の電動ヘッドは非常にうまく機能していので、これに関しては問題ない。また、柔軟にスライド、タイムラプス、ストップモーションを実行できる。ただし、ファームウェアに関してはまだ未完成だ。従って、今回はビデオレビューはせず、見つけた問題がファームウェアアップデートで修正できるかどうかを確認することにした。 iFootageはすぐに応答してくれ、ユーザーからのフィードバックを考慮に入れている。そのため、製品版でははるかに良くなっているだろう。

Shark Slider Nano 70 seconds start up time. Image credit:CineD

起動時間:調整するプロセスの実行に70秒かかり、またスライダーをオンにするたびに70秒待つ必要がある。 iFootageは現在、スライダーのキャリブレーションが毎回行われないようにすることを検討している。

iFootageの回答:フィードバックに基づいて、ファームウェアを更新しました。現在、必要に応じてキャリブレーションをスキップでき、起動時間を20秒未満に短縮しました。最終製品には、このファームウェアがインストールされます。

“Ignore” bypass function on the future firmware update. Image credit: iFootage

スタートまでに時間がかかる:IPS画面はうまく機能するが、ポイントAとBを設定して「スタート」を押した後長く待たなければならない。その間、画面が反応しない。スライダーが計算を行っているためと思われる。

iFootageの回答:バグの可能性があり、ソフトウェアの最適化に取り組んでいます。

「A」と「B」のポイントの調整:おそらく大きな問題ではないが、プロセスを開始するには、両方のボタン(オン/オフ/再生とFn)を同時に押すが、マニュアルを読むか、ステッカーを見ないと分からない。無駄な時間を費やすことになる。

iFootageの回答:操作方法のクイックビデオガイドを作成し公開します。また、タッチスクリーンとアプリを改善し、より視覚的な操作にします。詳細なチュートリアルもご覧ください。 https://youtu.be/FwiE6BxM9JA https://youtu.be/qklWz1Tltl4 https://youtu.be/OoboWz_OHOM

Shark Slider Nano two fingers operation. Image credit: CineD

アプリがスライダーに接続できない: iFootageは無料のアプリを提供しており、スライダーをスマートフォンで制御できる。どういうわけか、古いiPhone 5SEではアプリが表示できなかった(空白のページが表示された)ので、Android版(最新版)で試した。これは機能したが、スマートフォンが何度もスライダーを検索したので、Bluetooth接続が不安定に思えた。

iFootageの回答:当方ではiPhone 5、iPhone SE、7以降のデバイスでテストし、古いiOSにも対応するようにしています。 iOSが9.3以上なら、問題なく機能するはずです。

iFootage App – Mobile phone welcoming page. Image credit: CineD
iFootage App – Camera welcoming page. Image credit: CineD

アプリページを開くのが直感的でない:スマートフォンでアプリを開くと、スマートフォンをカメラとして使用する方法が表示される(iFootageの専用の撮影インターフェースを使用)。しかし、ミラーレスカメラを取り付けてのスライダーの操作方法がどこに書かれているのか分からなかった。 iFootageは、画面をタッチして次のページに切り替えるだけでよいと教えてくれたが、 最初のページで、どのカメラを使うかの選択があると分かりやすいだろう。

重量:これはもちろん変更することはできないが、このスライダーは比較的重いのに驚く。撮影スタイルにもよるが、持ち運びにはあまり適していないかもしれない。しかし、機内持ち込みをする場合は、Smartta SliderMini 2の方が適しているだろう。スライド距離は小さく直接比較すべきものではないが、持ち運びの点ではこちらの方が有利だ。

iFootage Slider Control App Interface. Image credit: CineD

主な仕様

  • 重量:2.15kg
  • 寸法:421mm x 108mm x 71mm
  • 動作温度範囲:-25C〜 + 65C
  • 水平耐荷重:3.5kg
  • 垂直耐荷重:2.0kg
  • 電源: NP-Fスタイルバッテリー
  • 材料:航空宇宙グレードのアルミニウムとSUS304ステンレス鋼
  • 動作電圧:7.4VDC
  • 電流:1.2A
  • 卓上での最大移動長:200mm
  • 三脚での最大移動長:320mm(双方向使用)
iFootage Shark Slider Nano bag. Image credit: CineD

特長

  • コンパクトなカメラスライダーソリューション
  • スマートフォンアプリまたは内蔵IPSタッチスクリーンディスプレイでの制御
  • 2軸、双方向設計。追加のヘッドは必要ないが、ヘッドを使用すると柔軟性が向上する可能性がある
  • 静かな動きとスムーズな動き
  • デジタル一眼レフ/ミラーレスとスマートフォンをサポート
  • 多くの機能を持つAndroidおよびiPhoneアプリ
  • 十分な持続時間:1個のNP-Fバッテリーで、3時間以上持続(テスト済み)
  • 外部電源用USB-C充電ポート
  • 外部電源使用中のバッテリー充電
  • 4段階の高さ調節
  • 持ち運び用のキャリッジロック

価格と発売時期

Shark Slider Nanoは、iFootageのサイト(米国とヨーロッパ)で予約注文が可能で、出荷は2021年1月に予定されている。CINEDコードで10%割引き。割引は2021年1月1日まで有効。

次のいずれかを選択できる。

標準パッケージ:スライダー、USB-C充電ケーブル、スマートフォンホルダー同梱で499ドル

バンドル:スライダー、USB-C充電ケーブル、スマートフォンホルダー、キャリーケース、NP-Fバッテリー、5本のシャッターケーブル同梱で599ドル

まとめ

電動ヘッドを内蔵したコンパクトなスライダーのコンセプトとアイデアは素晴らしい。前述のように、動きは非常にスムーズで、さまざまな撮影でスライダーを使用できる。特に、より洗練された動きが必要な場合は有用だ。一方、このスライダーは移動が多く忙しい撮影には不向きだ。重量と長い起動時間が障害になる可能性がある。ファームウェアのアップデートが適切に行われることを期待したい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する