VeniceのルックをFS5、FS7、α7Sに適応するLUT

VeniceのルックをFS5、FS7、α7Sに適応するLUT

ソニーのVeniceは、ハイエンドの映画製作用カメラとして好評を得ている。15ストップのダイナミックレンジ、優れたハイライトロールオフは、確かに美しい映像を作り出している。このルックをFS7FS5、さらにはα7シリーズのカメラにも適応するLUTを、Alister Chapman氏が公開しているので紹介しよう。

Venice Look

ソニーのプロシューマーやプロ用カメラのほとんどは、14ストップのダイナミックレンジを持つ。しかし、フラグシップのシネマカメラであるVeniceは、全く異なっており、15ストップのダイナミックレンジとなっている。そのため、ソニーが提供しているs709 LUTは、これらの低価格なカメラ(Veniceと比べれば、だが)ではうまく動作しない。 Alister Chapman氏は、彼が運営するXDCam-User.comで、Veniceのルックを様々なソニーカメラに適応できるLUTのセットを作成し、公開している。

Veniceのルックを適応するLUTsとは?

ソニーのオフィシャルLUTは、15ストップのVenice用に設計されているので、FS-7、FS-5、F5、F55、あるいはα7のような14ストップのカメラには最適ではない。多くのユーザーがこのことを指摘していたので、Alister氏が自らカスタムLUTを作成したわけだ。

これらのLUTはAlister Chapman氏のサイトXDCam-User.comから直接ダウンロードできる。

Venice Look

image credit: Krists Luhaers | unsplash.com

Veniceのルックに近づけるには、S-Log3とSGamut3.cineに設定する。AtomosやZacutoのモニターには、LUTが用意されている。さらに、Alister氏はS-Log2用にいくつかのLUTを作成しているので、α7sのユーザーも使用することができる。

オリジナルのVeniceのs709 LUTは、最初のパスのルックを作成するためのもので、最終的な仕上げ用ではなく、セットやモニタリングのための一時的な用途のもの。これを使用してワークフローに合っているかどうかを試すことができる。さらに調整するには、LUTCalcと呼ばれる非常に便利なオンラインツールを使用できる。

価格

気に入った場合は、$ 5のラテ、$ 7.50のプレミアムビール、$ 10のカクテル、または$ 15のシンガポールビール(サイトの下に選択肢がある)をごちそうしてあげて欲しい。氏は非常に有益なWebサイトを運営しており、我々にとって非常に役に立つ情報が提供されている。今回の豊富なLUTライブラリの提供にもかなりの時間を要したことだろう。

Venice Look

このLUTにより、FS7やFS5、あるいはα7シリーズでもVeniceのルックに近づけることができるが、当たり前だがこれらのカメラでVeniceと同じ映像が撮れるわけではない。しかし、このLUTでVeniceの一端に触れることができるかもしれない。

Links: XDCam-User.com | LUTCalc

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する