広告

トップガン・マーベリックを支える、特別なシグマFFハイスピード・プライム

東京で開催されたInter BEE 2022で、最新作「トップガン・マーベリック」を撮影するために特別に設計されたFFハイスピードシネマプライムについて、シグマのプロダクトプランナー若松氏に話を伺った。

突然、ハリウッドの大ヒット映画の撮影チームから唯一無二の依頼を受けることを想像してみていただきたい。それが2018年にSIGMAのシネマレンズに起こった。

その頃、映画「トップガン・マーベリック」の制作が始まったばかりで、スタッフには、SIGMAの既存のFFハイスピードプライムレンズにレンズデータ通信技術の搭載を望む特別な思いがあった。

Image credit: CineD

トップガン・マーベリック」のためにオーダーメイドされたSIGMA FF High Speedプライム

トップガン。マーベリック』は今年最も成功した劇場公開映画であることは間違いない。この映画をまだ見ていなくても、その舞台裏のシークエンスはとても有名で、きっとあなたも偶然目にしたことがあるだろう。

Image credit: CineD

言うまでもなく、この映画はソニーのフラッグシップカメラであるCineAltaのVENICEで撮影され、様々なレンズが組み合わされている。ツァイスのマスタープライム、Voigtländerやフジノンのプレミアレンズ、そしてもちろんシグマのFFハイスピードなどだ。

Image credit: CineD

若松氏によると、これらのFFハイスピードは「トップガン・マーベリック」の制作チームの要望に応じてカスタマイズされたものだそうだ。光学設計はそのままに、Cookeのレンズデータ通信技術「/i」を搭載したPLマウント仕様のレンズだ。

当初、このレンズは4セットのみ生産された。3セットは映画制作のために直接アメリカに空輸され、残りの1セットは今もシグマが大切に保管している。

Image credit: CineD

その後、ソニーのVENICE以外のカメラシステムにも対応するよう、このソリューションを拡張した。SIGMA FF High Speed cinema primeのラインナップは2016年に初めて発表され、10本の焦点距離で構成されており、現在11本目(65mm T1.5)が開発中だ。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手