MTF ServicesのSIRUIアナモフィックレンズがRFカメラに対応

MTF ServicesのSIRUIアナモフィックレンズがRFカメラに対応

RED Komodo、キヤノンEOS C70、EOS R5 / R6に適する手頃なアナモフィックレンズとして、MTF Services のSIRUI35mmおよび50mm1.33アナモフィックレンズがネイティブのRF Mountに対応した。

MTF ServicesはすでにSIRUI35mmおよび50mm1.33xアナモフィックレンズのLマウントバージョンを発売している。今回、同社はこれらのレンズのRFマウントバージョンを発表した。キヤノンカメラとRED KOMODOなどで使用できる。

Image credit: MTF Services

SIRUI 35mmと50mmアナモフィックレンズ

RED Komodo、キヤノンEOS C70、EOS R5 / R6などのカメラが発売され、RFマウントは人気が高まっている。このレンズマウントは、フランジバックがわずか20mmと比較的短いため、既存のSuper35 mmやフルフレームレンズが使用できる。たとえば、MTF ServicesはすでにフジノンMKレンズ用のRFマウント変換キットをリリースしている

MTF Services SIRUI 50mm F/1.8 Anamorphic Lens on the RED Komodo. Image credit: MTF Services.

これらのマウント変換されたレンズは、SIRUI 50mm F /1.8および35mmF /1.8のMFTバージョンが元になっている。各レンズはコンパクトな形状を維持しているため、ハンドヘルドまたはジンバルにも使用できる。

なお、RED Komodo 6Kセンサーは両方のSIRUIレンズのイメージサークルで完全にカバーされている。キヤノンEOS C70も完全にカバーされているため、4K 2.4:1アナモフィック撮影が可能だ。同じことが4Kビデオ録画モードでのEOS Rにも当てはまる。

Image credit: MTF Services

ただし、EOS R5 / R6の場合、SIRUI35mmおよび50mmレンズのイメージサークルはフルフレームセンサーを完全にカバーしていない。使用することはできるが、フルフレームモードで撮影し、ポストプロダクションで約1.35倍にトリミングする必要がある。

価格と発売時期

マウント変換はMTF Servicesによって行われ、正確に機械的に変更される。これらのレンズは、認定されたMTF Servicesディーラーを通じて事前に変換された状態で入手できる。

RFマウントに変換されたSIRUI50mm F / 1.8アナモフィックレンズの価格は、元のレンズに499ポンド、さらに変換に150ポンドが必要となる。 35mm F / 1.8アナモフィックは、ベースレンズが637ポンド、変換に150ポンドかかる。

どちらのレンズも現在、認定MTF Servicesディーラーから、またはMTF Servicesから直接入手できる。詳細については、MTF Servicesのウェブサイトを参照いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する