FilmpowerがNebura 5100 Slant 3軸ジンバル他を発表

FilmpowerがNebura 5100 Slant 3軸ジンバル他を発表

Filmpowerは、Nebulaジンバルで有名なメーカーだが、新しいNebula 5100 Slant 3軸ジンバル、およびショットガンマイクロホンの新しいラインアップとワイヤレスフォローフォーカスシステムを発表した。

Nebula 5100 Slant

数年前、FilmpowerのNebula 4000は、DSLRやミラーレスカメラ用の手頃な価格の3軸ジンバルスタビライザーで人気の高い機種だった。その後改良され、Nebula 5100が発表され、驚異的なバッテリ寿命、タイムラプスサポート、すべての軸での無制限回転などの機能を備えていた。今回発表されたNebula 5100 Slantは、従来の5100のわずか数カ月後にリリースされ、構造的な改善が施されている。

名前の“Slant”は、ロール軸アームの新しいデザインを意味している。ロール軸アームは、スクリーンの背後で垂直ではなく、カメラから45度の角度になっている。 Filmpowerによると、これによりユニットの全体的な剛性が向上するだけでなく、総耐荷重も重くなる。900gのNebula 5100 Slantは、3.2kgまでのカメラシステムに対応する。さらに、この新しいデザインにより、カメラのLCDモニターを見やすくしている。

Nebula 5100 Slantは現在999ドルで販売されており、下記のVono Shotgun Liteマイクが付属する。

Vonoショットガンマイクロフォン

Vono Shotgun Lite

Filmpowerはまた、DSLR用のショットガンマイクロホンシリーズを発表した。同社は、2倍の周波数を持つ互いに垂直に配置された2つのサウンドヘッドにより、ステレオ録音が可能であるとしている。

Vonoには2つのバージョンがある。 Vono Shotgun Lite($ 60)は、3.5mmコネクタを備えたコンパクトバージョンで、コントロールスイッチのハウジングを持つホットシューマウント。一方、Vono Shotgun Pro($300)は、XLRを介して接続する長いマイクで、パッド付きのハードケースが付属している。どちらのマイクも衝撃吸収設計の金属製の筐体を持ち、2種類のウインドジャマーも付属する。

Vono Shotgun Pro

Nebula Focus

Filmpowerはまた、ジンバルスタビライザー用に特別に設計された新しいフォローフォーカスシステムをリリースしている。 Nebula Focusはカメラのホットシューに固定し、レンズの直上にマウントするように設計されているが、一般的なレールでも使用できる。モーターエンクロージャーにはワイヤレスレシーバーも内蔵されている。

また、超音波距離測定機能を搭載しており、コントローラーのディスプレイに瞬時に表示される。 Filmpowerは、この機能が今後カメラではなく、ユニット自体でオートフォーカスをサポートするようになる可能性があると述べている。

Nebula Focusの価格は$ 650。

同社のWebサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する