オリンパスがOM-D Webcamのベータ版をリリース

2020.7.7
オリンパスがOM-D Webcamのベータ版をリリース

オリンパスがOM-D Webcamベータ版をリリースした。Windows 10対応のアプリケーションで、オリンパスOM-DカメラをWebカメラとして使用できる。現在、E-M1X、E-M1、E-M1MarkII、E-M1MarkIII、およびE-M5MarkIIに対応している。アプリは無料でダウンロードできる。

OM-D Webcam Beta for Windows. Source: Olympus

オリンパスは先日、イメージング事業を売却することについて発表したが、アップデートは継続される。最近数ヶ月で多くの大手カメラメーカーが同様の対応をしている。オリンパスも自社のソフトウェアをリリースし、カメラにUSBケーブルを接続してWebカメラとして使用できる。

OM-D Webcamベータ

OM-D Webcamベータは、カメラをストリーミングやビデオ会議のウェブカメラとして使用できる。 USB-Cケーブルでカメラをコンピューターに接続するだけで完了する。オリンパスによると、このケーブルはサポートされているすべてのカメラに付属している。現在、このアプリはWindows 1のみ対応している。

OM-D Webcam Beta for Windows. Source: Olympus

現在、OM-D Webcamアプリは以下のカメラに対応している。

  • E-M1X
  • E-M1
  • E-M1 Mark II
  • E-M1 Mark III
  • E-M5 Mark II

YouTubeに、OM-DカメラをWebカメラとして設定し、OBS、ズーム、チームなど一般的な使用ガイドがアップされている。

また、OM-D Webcam Betaソフトウェアはカメラから音声を出力しないことにも注意が必要だ。ノートパソコンの内蔵マイクをオーディオ入力として使用するか、別のUSBマイクを接続する必要がある。

OM-D Webcam Betaソフトウェアは、同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

 

関連商品

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment