OWCがMercury Pro LTOを発表 - LTO-8テープによる12TB LTO

OWCがMercury Pro LTOを発表 - LTO-8テープによる12TB LTO

OWCは、LTO-8 LTOテープによる12TBのMercuryProLTOを発売した。費用対効果が高く使いやすいアーカイブだ。この製品は、HDDまたはSSDを追加でき、最大360MB /秒(900MB /秒を圧縮)の書き込み速度を提供する。比較的コンパクトなハウジングにThunderbolt 3コネクタを搭載する。現在、4,499ドルから発売されている。

近年多くの映像制作関係者は、プロジェクトのアーカイブを考える必要がある。より高い解像度とビットレートで、データの量が膨大になりつつあるためだ。

LTOテープは従来から存在しており、長期保管に関しては、推定テープ寿命は30年で、最良のソリューションの1つと言える。 このような需要に対し、OWCはMercuryPro LTOを導入した。

OWC Mercury Pro LTO

LTOは2000年に最初に導入された。それ以来、LTOテープは何世代にもわたって存在し、テープあたりの容量は世代ごとに増加している。 Mercury Pro LTOには、12TB(または30TB圧縮)ストレージ容量を持つ最新のLTO-8テープを読み取ることができるIBM-LTO-8 Ultriumドライブが搭載されているが、前世代の6TB LTO-7テープにも対応でき、将来リリース予定のLTO-9ドライブにも対応する。

Mercury Pro LTO. Source: OWC

リニアテープファイルシステム(LTFS)でフォーマットされたリニアテープオープン(LTO)テープを使用する利点は、ハードドライブやSSDと同じようにコンピューターからテープにアクセスできることによる。ファイルはフォルダに表示され、テープへの移動やテープからの取得は簡単にできる。 Mercury Pro LTOには、LTOテープとハードドライブに同時にマウント、フォーマット、およびバックアップできるmyLTOアプリが含まれている。

OWCによると、LTOプラットフォームは、最小コストのストレージ形式を提供する。最低$ 0.02 / GBで、オンラインストレージよりも大幅に安価だ(大量のデータの場合)。 Mercury Pro LTOは、法規制の記録管理に必要なAES256ビット暗号化とWORMカートリッジをサポートしている。最大360MB /秒のネイティブ(最大900MB /秒の圧縮)転送速度を備えている。

Mercury Pro LTO. Source: OWC

Mercury Pro LTOはコンパクトな筐体で、組み込みのハンドルと構成可能なドライブベイを備えている。オプションの2.5 / 3.5インチHDDまたはSSDが追加でき、最大16TBの容量を実現できる。

接続に関しては、2つのThunderbolt 3 USB-Cポート(15Wと85W)、DisplayPort 1.4、およびRJ-45LANサービスポートが用意されている。 85W USB-Cポートは、互換性のあるデバイスを充電することもできる。

価格と発売時期

Mercury Pro LTOは現在4,499ドルで購入でき、myLTOソフトウェア、12TB LTO-8テープ1本、Thunderboltケーブルおよびクリーニングカートリッジが同梱される。最大16TBの追加オプションも利用できる。 LTO-8テープの価格は約120ドルからとなっている。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する