QinematiqがSmart Ranger 2を発売 - 3つの被写体を同時計測できるデジタル距離計

QinematiqがSmart Ranger 2を発売 - 3つの被写体を同時計測できるデジタル距離計

Qinematiq Smart Ranger 2は、カメラや被写体が動いている動的なシーンでも、最大3つの被写体までの距離を測定できる距離測定装置。超音波と2つの移動式無線反射鏡を使用し、正確な計測が可能だ

Qinematiq Smart Ranger 2

監督は往々にしてフォーカスプラー(フォーカス担当スタッフ)に無理難題を押し付けることがある。焦点距離が長く、絞りが開くにつれ、被写界深度は非常に浅くなり、動く被写体になると、いよいよ難しい。 QinematiqのSmart Ranger 2は、そのような状況では、あるいはそのような状況でなくても、大きな助けになる。

Smart Ranger 2の概要

Smart Ranger 2は、カメラや被写体が動いていても、自動的に最大3つの被写体の距離を測定できる。フォーカスプラーは計測された距離値を常に画面上で確認できる。

Smart Ranger 2は2つの異なる技術に基づいている。一つは、伝統的な超音波信号によって被写体までの距離を測定する。二つ目は、2つのモバイルラジオリフレクター、いわゆる無線タグを使用する。ベースユニットをカメラに取り付けた状態で、タグを被写体に付けると、距離測定が自動的に行われる。

Qinematiq Smart Ranger 2 – Base Unit and Tags.

Smart Ranger 2は、超音波信号と最大2つの無線タグで同時測定する。 3つの測定結果はベースユニットの小さなディスプレイに表示される。タグ測定と超音波測定の切り替えはいつでも可能だ。タグを使用すると、ガラスや木の葉などの障害物があっても、問題なく計測できる。

ベースユニットとタグは、無線接続で接続されているが、接続は安定しており、また他の機材に影響を与えることはない。このシステムの送信電力は、スマートフォンやワイヤレスでのレンズコントロールシステム、あるいはワイヤレスビデオリンクよりもはるかに小さい。 従って、Smart Ranger 2はこれらの無線システムと同時に使用しても問題ないのだ。

Smart Ranger 2 Base Unit Specifications. Source: Chrosziel

ベースユニットにはLemo 6pシリアルインターフェースがあり、これでレンズコントロールシステム(LCS)に接続することができる。これにより、LCSハンドユニットに距離値を表示することができる。このオプションは、超音波測定システムcinetapeまたはArri UDMをサポートするすべてのレンズコントロールシステム、例えばArri、cmotion、PrestonまたはChroszielのシステムに使用できる。

Smart Ranger 2 Radio Tag Specifications. Source: Chrosziel

興味深いのは自動焦点調節の可能性だ。 Chrosziel MagNumフォローフォーカスシステムに接続すると、距離値が画面に表示される。 MagNumハンドユニットのアサイン可能なユーザーキーを介して、オートフォーカス機能を有効にすることができる。測定装置は、内蔵のレンズテーブルに基づいてフォーカスモーターを制御する。

Chrosziel MagNum Wireless Follow Focus Kit

ベースユニットは側面に2.4インチTFTディスプレイを備えたコンパクトな筐体だ。 Dタップを介してカメラのバッテリーから直接電源を供給できる。さらに、2つのLemo 4p CANバスインターフェースでシステムをリンクできる。オプションで別の表示装置を付けると、距離値を読みやすくすることができる。 「Betzレンズモーター」はこのインターフェースに直接接続できる。

Smart Ranger 2 vs Image+

Smart Ranger 2とImage +はどちらも撮影用距離測定装置だが、アプリケーションの分野は異なる。 Qinematiq Image +システムの詳細については、IBC 2017での記事を参照いただきたい。

Smart Ranger 2は、ベース(アンカー)ユニットとリフレクター(タグ)間の自動距離測定ができ、マニュアル操作なしで動作する。撮影の前に、タグを被写体に固定するだけでよい。

一方、Image +は、無限の距離値を含むシーンの3D画像を作成する。こちらはマーカーをセットにする必要はない。実際の撮影の前に、どの領域に焦点を合わせるべきかを決定する。自動追跡機能で、被写体は自動的に追跡される。 Image +によって測定はリアルタイムで実行され、結果として生じる3D画像はポストプロダクションやコンピューターグラフィックスなどに使用することができる。

価格と発売時期

Smart Ranger 2は来週LAで開催されるCine Gear Expoで初めて発表される予定。 Chroszielが販売を担当しているので、Smart Ranger 2はChrosziel Kitとして販売される予定。 キットには、ベースユニット、2個の無線タグ、Dタップ電源ケーブル、充電器、およびChroszielカスタムメイドのケースが同梱される。 キットの価格は、米国で7,115ドルとされている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する