SANDMARC(サンドマーク) Prolight RGBとBi-Color LEDライト

2020.7.13
SANDMARC(サンドマーク) Prolight RGBとBi-Color LEDライト

SANDMARCはスマートフォンで動画を撮るユーザー向けに2つのLEDライトをリリースした。 SANDMARC Prolightのラインナップは主にiPhoneカメラマン向けに作成されており、Prolight RGBとProlight Bi-Colorが選択できる。これらはクレジットカードよりわずかに大きく、バッテリーで、最大輝度時約90分間使用できる。

主な特徴

SANDMARC Prolightラインアップは、Prolight RGBとProlight Bi-Colorの2種類がある。どちらも小型で、RGBバージョンは 112 x 71 x 13.5 mm、バイカラーは、10 mmと薄くなっている。これらのライトはコンパクトで、重量は190g(RGB)/ 147g(Bi-Color)。

SANDMARCProlight_01

Image credit: SANDMARC

また、どちらのライトにも3000 mAhのバッテリーが内蔵されており、消費電力は15 W。 SANDMARCによると、100%の明るさでは、RGBで約90分、Bi-Colorで約100分連続使用ができる。上部の電源ボタンの横にUSB Type-Cポートがあり、これで充電できる。

SANDMARCProlight_02

Image credit: SANDMARC

 

Prolight RGBのCRIは96+で、コンパクトライトながら正確な色が出力される。また、1%から100%まで調光でき、色温度は1.000から10.000Kまで調整できる。 Prolight Bi-ColorのCRIは95以上で、5〜100%の範囲で調光でき、色温度は3,000〜6,500Kとなっている。

Left: no additional lighting. Right: with the SANDMARC Prolight Bi-Color. Image credit: SANDMARC

Prolightは、RGBの最大出力が770ルクス、バイカラーの最大出力は1500ルクスで最も明るいLED照明ではない。しかし、薄暗い状況やアクセントライトとして使用できる。

SANDMARCProlight_04

The SANDMARC Pole – Film Edition and SANDMARC Film Rig Image credit: SANDMARC

スマートフォンへの取り付け

Prolightのラインナップは、SANDMARC Pole – Film EditionやFilm Rigなど、SANDMARCの既存の製品と互換性がある。 SANDMARC Poleは、単体での使用や自撮り棒での使用に最適。 Film Rigを使用すると、Prolightの下部にある1 / 4-20インチの標準取り付けネジで、2つの照明を1つのセットアップに取り付けることができる。また、Film Rigを使用すると、iPhoneに加えて GoProなどのコンパクトカメラを使用できる。

SANDMARCProlight_05

Image credit: SANDMARC

ユニットの背面には、バッテリー残量、明るさ、色温度を示す小さなディスプレイがある。また右側のホイールで、明るさや色温度を調整できる。

価格と発売時期

Prolightは現在予約が可能で、7月末までに出荷が開始される予定。 Prolight Bi-Colorは99.99ドル、RGBバージョンは129.99ドル、そしてRGBとBi-Colorバンドルは199.99ドルとなっている。詳細については、同社のWebサイトを参照いただきたい。

なお似たライトにBoling P1 RGBライトがあり、これは$ 159.99で販売されている。

 

関連商品

BOLING BL-P1 RGB撮影ライト CRI96+ 2500K-8500K [email protected] 12W 動画撮影、YOUTUBE制作に対応 カメラビデオライト 360°調整可能サポート パッテリー内蔵 Type-C充電可能 色温度無段階調整 生放送、ライブ、YouTube、tik tok、自撮り、ビデオチャット、音楽MV撮影などに対応

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する