広告

SmallHDがCine 18 & OLED 27 プロダクションモニターとPageOS 5を発表

NAB 2022はすでに終了したが、ここでは映像制作者向けの最新ギアについて興味深いインタビューがいくつか掲載されている。SmallHDは、Cine 18とOLED 27のプロダクションモニターを展示した。

SmallHDのの(プロダクション)モニターの3つの主要ライン、Cineライン、OLEDライン、そしてVisionラインのモニターはそれぞれ特徴があり、もちろんサイズも異なる。

撮影現場での役割に関係なく、各映像制作者に適切なモニターを提供することが主な目的だ。例えば、Cineラインは高輝度、屋外での見やすさが特徴。有機ELパネルは高いコントラスト比と真の黒を提供し、Visionラインは撮影現場でのHDRモニタリングに特化している。

SmallHD OLED 27
The new OLED 27. Image credit: SmallHD

SmallHD Cine 18 プロダクションモニター

SmallHD Cine 18プロダクションモニター(記事はこちら)は、1100nitsの非常に明るいパネルを搭載している。以前の17インチモデル(1703 P3X)は、メーカーが必要なパネルの生産を中止したため、SmallHDは同等のパネルを調達しなければならなかったが、以前の1703モデルのカラーサイエンスに一致するパネルを調達する必要があった。Cine 18の仕様は以下の通り。

  • 輝度:1100nits
  • 画面サイズ:18.4インチ/46.7cm
  • ビット深度:10ビット(8+2)
  • カラー:100% REC. 709 / 98% DC-P3
  • 解像度: 3840 x 2160
SmallHD Cine 18
SmallHD Cine 18. Image credit: SmallHD

つまり、色彩を細かく調整した高品質の(そして非常に明るい)18インチ液晶パネルが手に入るわけだ。また、SmallHDのプロダクションモニターはすべてPageOSと呼ばれる同じOSを基盤に使用している。メニューシステムや一般的なUI/UXの面で、すべてのモニターが同じように動作する。

SmallHD OLED 27

OLEDファミリーは、すでに発売されているOLED 22と、新しいOLED 27モニターで構成されている(記事はこちら)。22インチは300nitのパネルを搭載しているが、これは本格的なHDRワークフローには少し低く、むしろ600nitのパネルが必要だ。

OLED 27 monitor
SmallHD OLED 27. image credit: SmallHD

新しいSmallHD OLED 27モニターは550nitsの輝度を提供し、これはもちろん望ましい600nitsの値にかなり近い。SmallHD OLED 27の量産型モニターのスペックは以下の通り。

  • コントラスト比 >1,000,000:1
  • 画面サイズ:26.9インチ / 68.3cm
  • ビット深度 トゥルー10ビット
  • カラー:110% DCI-P3 / 135% Rec.709
  • 解像度 3840 x 2160
  • 輝度 最大550nits

PageOS 5

SmallHDは、同社の全モニターのオペレーティングシステムである新型PageOS 5のプレビューを公開した。主な新機能として、映像制作者からの要望が多かった「マルチビュー」が全ての4Kプロダクションモニターに搭載された。このモードでは、複数のカメラ映像を一度に4分割して表示することができる。

SmallHD Cine 18
PageOS 5 with quad-split. Image credit: CineD

もう一つの新機能は、カメラコントロール(プラグインとして別途提供)で、これは完全に刷新され、さらに合理的で直感的に操作できるようになった。また、カメラコントロールとSmallHDの全モニタリングツールを同時に活用することが可能になった。以前は、どちらかの状況でしか使えなかった。カメラコントロールは、REDカメラ、ARRIカメラ、そしてソニー VENICEで利用できる。

もうひとつの大きなアップデートは、EL Zonesだ。これは基本的にフォールスカラーモードだが、IRE値ではなくストップ数で動作する。カスタムゾーンを定義し、露出の過不足を確認することができる。

SmallHD Cine 18
PageOS 5 EL Zones. Image credit: CineD

新しいPageOS 5は、現在PageOS 4を実行しているすべてのモニターに無料で提供される。 そのため、DP.6のような非常に古いモデルはPageOSを実行できないが、2016年頃以降のすべてのモデルで実行できる。

価格

新しいSmallHD Cine 18プロダクションモニターの販売価格は5,999ドル、OLED 27の販売価格は11,999ドル。両モデルともすでに予約受付を開始しており、まもなく出荷される予定。PageOS 5のアップデートは無償で提供され、こちらも間もなく提供される。

Link: SmallHD

なお、この記事と動画はSmallHDの協力で作成されている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects