広告

SMARTTAのSliderMini 2レビュー

SMARTTA SliderMini 2をCineDでかなり長い間使用しているので、電動スライダーについてレポートする。

大きさは違うが、スライダーを使用するとドリーのようにカメラをトラックに沿って移動できるため、映画のようなショットが得られる。そしてそれらは様々な形、サイズ、複雑さを選択することができる。この小さなスライダーでもそのようなことが可能か考えてみたい。

SMARTTA SliderMini 2

ドリーと異なり、スライダーは、人が乗ってカメラを操作する必要が無い。ただし、ほとんどのスライダーはセットアップ時間が必要で、多少面倒ではある。筆者はケスラーシネスライダーを所有していて、気に入っている。しかし、セットアップする時間がないことが多いので、なかなか使う機会が無い。 SMARTTA SliderMini 2は、その問題を解決できる。非常に小型で、カメラバッグに収まる。従っていつも持って行くことができ、数分でセットアップできる。

Kessler CineSliderではそうはいかない。CineSlider はライフル用のPeli1720ケースに入れてなければならない。空港では常に説明する必要がある。

SMARTTA SliderMini 2. Image Credit: CineD

使い方

SMARTTA SliderMini2は、カメラを20センチしか移動できない。したがって、このスライダーを最大限に活用するには、少し創造性が必要になる。

被写体を追跡する場合は、オートフォーカスを使用する必要がある。

主な仕様

移動距離は20センチで、移動の最大速度は1cm / s。SMARTTA GoiOSまたはAndroidアプリでシームレスに調整できる。または、スライダー自体に物理的なボタンがあり、アプリを必要とせずにキャリッジを一定の速度で左右に動かすことができる。

下部に1/4インチの取り付けポイントがあり、キャリッジの上部に1/4インチのネジ山がある。 SMARTTAは、オンラインショップでヘッド付きのバンドルをいくつか提供している。水平モードでは、最大15kg、垂直モードでは1.25kgの耐荷重がある。

スライダー本体は600g弱で、1500mAhのバッテリーと、USB-C充電/電源ポートを備えている。また、カメラシャッターリモートケーブル用の2.5mmジャックもある。

Smartta SliderMini2 review. Slider in Action
SMARTTA SliderMini2 in Action. Image Credit: SMARTTA

まとめ

SMARTTA SliderMini 2の品質は非常に優れており、うまく設計されている。つまり、キャリッジホイールが実際に転がるところは、V字型の溝の側面だ。これにより、表面が損傷する可能性が最小限に抑えられる。レールに引っかき傷やへこみがあると、バンプが発生してしまう。

しかし、欠点もある。水準器が無いのは奇妙だ。またスライダーを垂直に取り付けるための、スライダーの端の1/4インチの取り付けポイントも欠けている。また、キャリッジの開始と停止がよりスムーズになってほしい。スピードエンベロープカーブをどんなにフラットに設定しても、最後まで少し「バンプ」がある。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience