タムロンが3本の新レンズの開発を発表 - 35mm、35-150mm、17-28mm

2019.2.27
タムロンが3本の新レンズの開発を発表 - 35mm、35-150mm、17-28mm

タムロンは35-150mm F / 2.8-4 Di VC OSDSP 35mm F / 1.4 Di USD 2本のフルフレームDSLRレンズと17-28mm F / 2.8 Di III RXDフルフレームミラーレス対応レンズを発表した。 CP + 2019で出展される。

Tamron351:4

SP 35mm F/1.4 Di USD

SP 35mm F / 1.4 Di USD(コードネーム:F045)は、DSLR用フルフレーム対応広角プライムレンズ。このレンズはSPシリーズの一つで、これはタムロンのプレミアムレンズの位置付けとなる。

筆者は従来のSP 35mm F / 1.8 Di VC USDを保有しているが、これは同社独自の手振れ補正(VC:Vibration Compensation)機能を備えた素晴らしいレンズだ。 F / 1.4バージョンはVCは搭載されていないが、より明るいレンズに仕上がっている。なお従来のSPレンズで唯一の不満点は、キヤノンのDual Pixelオートフォーカスの互換性がないことだ。少なくともキヤノンC200では正しく動作しない。新しいバージョンでこれが改善されていることを望みたい。

Tamron35150
35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD

2番目のフルフレーム対応レンズは、35-150 mm F / 2.8-4 Di VC OSD(コードネームA043)だ。モデル名の通り、これはF値一定のズームレンズではなく、35mm F / 2.8から150mm F / 4に変化する。しかしわずか1stopで、その代わり広いズーム範囲が可能となっている。

最短合焦距離は45mm。 SP 35mm F / 1.4 Di USD同様、EFとFマウントが用意される。 35-150 mm F / 2.8-4 Di VC OSDには、収差低減のため低分散非球面レンズが使用されている。またオートフォーカスと手振れ補正のためのデュアルマイクロプロセッシングユニットシステムを搭載している。

Tamron1728

17-28 mm F/2.8 Di III RXD

最後のレンズは17-28 mm F / 2.8 Di III RXD(コードネーム:A046)。このズームレンズは、α7 IIIやα6400などのソニーEマウントフルフレームカメラ対応広角レンズだ。 17〜28 mm F / 2.8 Di III RXDは、17〜28 mm F / 2.8一定の軽量でコンパクトなレンズ。このレンズはステッピングモーターユニットRXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)を特徴としている。これにより、正確で速く、かつ静かなフォーカシングを実現しており、ビデオ撮影にも適している。ソニーの16-35 mm F / 2.8 Vario-Sonnar T * ZA SSM IIとの選択肢になるだろう。

価格と発売時期

これら3本のレンズはすべてCP + 2019に出展される。また現時点では価格についての発表はないが、3本のレンズはすべて今年半ばに発売される予定だ。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する