Tentacle TRACK Eレビュー:32ビットタイムコードシンクオーディオレコーダー

Tentacle Syncは同じタイムコードを使用して複数のレコーディングデバイスを同期できる。マルチカム撮影では非常に有用だが、単純な2台のオーディオ機器を使用する場合でも同期されたタイムコードを簡単に使用できる。

Tentacle TRACK Eオーディオレコーダーとは?

Tentacle Syncの新しいTRACK Eは、小型のオーディオレコーダーだ。平均的なワイヤレスオーディオ機器よりも小さく実用的にできている。オーディオは内部のmicroSDカードに記録する。従って、無線で送信することはできない。

TRACK Eは、Tentacle SyncのSYNC Eデバイスとタイムコード同期できる。これにより複数のオーディオチャンネルを同期できる。アプリも用意されておりAndroid、iOS、macOS、Windowsに対応する。また、スマートフォンで使用することもできる。

Tentacle Syncの創設者であるUliEsser氏にIBC2019時におこなったインタビューはこちら

32-Bit floatとは?

従来のオーディオデバイスは16ビットまたは24ビットの固定小数点オーディオを録音するが、Tentacle TRACK Eオーディオレコーダーは32ビット浮動小数点で録音できる。32ビット浮動小数点ファイルでは、ビットは「通常の」固定小数点録音とは異なる方法で使用される。これにより、ダイナミックレンジが大幅に拡大する(詳細はこちらの記事)。

ビデオレビューでは、32ビットについて、少し非科学的な方法だがテストを行っている。

Tentacle Synch's TRACK E 32-Bit float audio recorder.
Tentacle Track E Audio Recorder. Image Credit: CineD

仕様

主な仕様は以下の通り。

  • 電源:内蔵900mAh充電式バッテリーで最大10時間使用でき、2時間未満で充電できる。
  • 記録メディア:最大32GBのMicroSDHCカード(推奨Class10)。付属の16GBカードは、30時間(24ビット)および23時間(32ビット)の記録ができる。
  • コネクタ:3.5mmロック可能なマイクジャック、充電およびデータ転送用のUSB-C(USB 2.0速度)。TRACK Eは、接続されたマイクに5Vプラグイン電源を供給できる。

付属のマイクは黒い全方向性エレクトレットコンデンサーマイクで、周波数応答が50 Hz〜20.000 Hz、ケーブルは150cm。

Tentacle Synch TRACK E Overview
Tentacle Synch TRACK E Overview. Image Credit: Tentacle Sync

まとめ

TRACK Eは、それ自体が優れた機材だが、SYNC Eタイムコードデバイスと組み合わせると更に有用だ。付属のラベリアマイクを使用しても音質は優れているが、より高品質のマイクを使用することでさらに音質は向上する。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する