広告

第94回アカデミー賞候補を支えたカメラとレンズ

第94回アカデミー賞候補を支えたカメラとレンズ

毎年1月、アカデミー賞の候補者決定が近づくと、事態は少しばかり熱を帯びてくる。米国のオンラインマガジンIndiewireは、第94回アカデミー賞で栄えある賞を獲得するために、一流の撮影監督たちにどのカメラとレンズを選ぶか質問する機会を得た。

「最高のカメラだけを選べば間違いはない.」と言われているが、最高のカメラとは、ましてやその最高のカメラと組み合わせることのできる無数のレンズとは何なのだろうか?ハリウッドの長編映画を撮影する場合、カメラにはARRIが使われていることが多いが、必ずしもそうとは限らない。

ARRI ALEXA Mini LF
image credit: ARRI

ハリウッドの大作に携わる撮影監督であれば、最高のカメラを選ぶ際に、予算が制限されることは通常ない。ディレクターのビジョンこそが、カメラを選択する際の指針となるべきものなのだ。2002年、ダニー・ボイル監督(DP:アンソニー・ドッド・マントル)の『28日後…』は、その一部をキヤノンXL1 DVカメラで撮影した。それは、このカメラが素晴らしいからではなく、彼らが求めるルックと雰囲気にぴったりだったからだ。

第94回アカデミー賞候補 – カメラとレンズの選択

そこで、何人かのDPが自分の求めるルックを実現するために行った興味深い選択の例をいくつか紹介しよう。

  • DUNE/デューン 砂の惑星』 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ // 撮影監督:グレイグ・フレイザー
    • Format: Large format digital anamorphic and open gate spherical
    • Camera: ARRI ALEXA LF
    • Lenses: Panavision Ultra Vista Anamorphics; Panavision H series spherical

DPのGreig Fraserによると、チームはフィルムとデジタルカメラの両方をテストして、ちょうどよいルックに仕上げることができたそうだ。クラシックフィルムはノスタルジックになりすぎたが、Alexaのデジタル画像は少しデジタルになりすぎているように感じられた。そこで、デジタルカメラとヴィンテージレンズ(パナビジョンHシリーズ)、そして少し新しいウルトラビスタアナモフィックを組み合わせることで解決した。

  • フレンチ・ディスパッチ』 監督:ウェス・アンダーソン // 撮影監督:ロバート・ヨーマン
    • Format: 35mm film; 5213 for color, 5222 for black and white
    • Camera: ArriCam ST; ArriCam LT
    • Lenses: Cooke S4’s for the spherical 1.37 sequences; Arriflex Master Anamorphic for the anamorphic 2.40 sequences

クラシックカメラも捨てたものではない。ヨーマンは、ウェス・アンダーソン監督と『グランド・ブダペスト・ホテル』ですでにクックS4を使用しており、そのルックに惚れ込んで、このプロジェクトでも使い続けたと述べている。

ARRICam LT
image credit: ARRI AG – Own work, CC BY-SA 3.0

マスターアナモフィックについて、ヨーマンは、フレームの端でも俳優にフォーカシングできることが重要であり、このハイエンドアナモフィックを採用したと述べている。

ダニエレ・マサッチェシによると、チームは 「新しいルックを見つけ、現実そのものよりもリアルに見えるマトリックスの現実を作りたかった 」と述べている。大胆な主張だが、オリジナルの「マトリックス」が20年以上前の作品であることから、明らかに状況は変わっており、このフランチャイズは常に視覚的に挑戦的であるため、この最新作も例外ではない。

RED Ranger
image credit: RED
  • ザ・グリーン・ナイト』 監督:デヴィッド・ロウリー // DoP:アンドリュー・ドロズ・パレルモ
    • Format: ArriRaw Opengate 6.5K
    • Camera: ARRI Alexa 65
    • Lenses: Arri DNA
VENICE
image credit: Sony
  • The Hand of God』 監督:パオロ・ソレンティーノ // DoP:Daria D’Antonio
    • Format: 8K HD Redcode Raw
    • Camera: RED DSMC2 Monstro
    • Lens: Arri Signature Prime lenses
  • 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 監督:ケーリー・ジョージ・フクナガ // 撮影監督:リヌス・サンドグレン
    • Format: 35mm anamorphic 4-perf; IMAX 70mm 15-perf; 65mm 5-perf
    • Camera: Panavision XL2; IMAX MSM; IMAX MKIV; Panavision System 65; Arri 765; Arri 435; Arri 235
    • Lens: Panavision G-series anamorphic; IMAX Hasselblad

もちろん、これはIndiewireに掲載された全リストからの抜粋に過ぎない。

ARRI一色?

今回も多くのDPがARRIブランドに依存しており、ALEXAのバリエーションを使用するか、ArriCam STやLTのような古いながらも非常に高性能なフィルムカメラで撮影している。しかし、REDもまた、特にRangerカメラの導入により、ハイエンドの長編映画制作に携わる一部の撮影監督の注目を集めているようだ。

しかし、リストには大型で重いパナビジョンやIMAXシステムさえも含まれている。お金に糸目をつけないプロダクションの場合、本当に重要なのはルックと感触であり、費やした金額にはあまり関係ないのだ。

Source: Indiewire
featured image credit: Oscars.org (background and logo)

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手