ザ・セラピスト - お勧めのLUMIXカメラは?

このビデオは、パナソニックと共同で作成したプロモーションビデオの2回目。今回は、すべてのLUMIXカメラが登場するので、気軽に見ていただきたい。

最初のビデオ「The PERFECT Shot」と同様に、面白くカメラを紹介するのがこのビデオの目標だ。

“We are here to talk about a camera …” – Lilian Jane Gartner in “The Therapist”. Image Credit: CineD

このビデオはパナソニックの支援を受けて制作され、LUMIXカメラのラインアップと機能を楽しく説明している。コンテンツの作成は全てCineDが担当している。

Scene still from “The Therapist” (Nino Leitner). Image Credit: CineD

LUMIXカメラファミリーの紹介

パナソニックのLUMIXカメララインナップは数多くあるので、どれが自分に最適のカメラか迷う場あうがある。少し前まではGHラインしかなかったが、今ではフルサイズのSシリーズカメラ(S1、S1R、S5、S1Hなど)のラインナップが加わった。

Scene still from “The Therapist” (Lilian Jane Gartner). Image Credit: CineD

パナソニックからの提案は、これらのカメラの違いを分かりやすく説明し、これらのカメラを使用する「典型的なユーザー」のイメージを伝えることだった。

Scene still from “The Therapist” (Nino Leitner). Image Credit: CineD

制作ノート

今回の制作はDIE BOUTIQUEプロダクションに協力お願いした。Tamás Kiss氏(映画監督兼作家)と彼のビジネスパートナーであるSasa Tomic氏(制作)は、このプロジェクトを完璧に進めてくれた。この制作に関わったすべての人々に感謝したい。

使用機材

この撮影では、以下の機材を使用した。

  • パナソニックS1H
  • パナソニックS Pro 24-70mmf2.8レンズ
  • パナソニックS1H用ティルタケージ
  • Atomos NinjaVモニターレコーダー
  • Hollyland Mars400sワイヤレスビデオ伝送システム
  • Bright Tangerine Misfitマットボックス
  • SmallHD1303モニター

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する