Tilta(ティルタ)がミニマットボックスとミニフォローフォーカスを発売

Tilta(ティルタ)がミニマットボックスとミニフォローフォーカスを発売

Tilta(ティルタ)はTiltaingブランドで手頃な価格のミニマットボックスとミニフォローフォーカスを発売した。どちらも現在予約注文できる。小型軽量のMB-T15ミニマットボックスは、ねじ式フィルター、あるいは4×5.65インチフィルターに対応でき、フレンチフラグとアダプターリングセットが付属する。FF-T06ミニフォローフォーカスは、15mmロッドアタッチメントを備えた軽量の機械的フォローフォーカス。

Tiltaing Mini matte box and Mini follow focus. Source: Tilta

Tiltaingは、Tiltaが資金提供し、顧客の製品アイデアを実現するプロジェクト。製品はTiltaingブランドで販売され、Tiltaはその利益を発明者と共有する。すでにカメラケージやBMPCC4KディスプレイアクセサリーがTiltaingブランドから発売されている。

今回発売された2つの新製品、MB-T15 Mini Matte BoxFF-T06 Mini Follow Focusもその一環の製品。どちらも非常に手頃な価格で、デザインも悪くない。

Tiltaing Mini matte box and Mini follow focus used in a camera rig. Source: Tilta

MB-T15 ミニマットボックス

ミニマットボックスは、DSLRやミラーレスカメラを想定している。ティルタによると、軽量で耐久性のあるマットボックスで、ねじ式または4×5.65インチのフィルターに対応する。重量はわずか140g。アクセサリは複数の1 / 4-20および3 / 8-16スレッドとコールドシューマウントで取り付けることができる。

Tiltaing Mini matte box with filter. Source: Tilta

このマットボックスの利点は、2つのフィルターオプション。マットボックスの前面には、標準の4×5.65インチフィルター用のスロットがある。ねじ式フィルターは、内側のねじ山を介して取り付けることができる。

このキットには、Tiltaing ミニマットボックスの他に、フレンチフラグと4つのアダプターリング(82mm、77mm、72mm、67mm)が含まれている。 Tiltaは、非標準サイズのアダプターリングも用意している。キットには、底面に取り付ける15mmのマットボックスサポートも含まれている(フロントレンズの伸縮はサポートしていない)。

FF-T06ミニフォローフォーカス

FF-T06 ミニフォローフォーカスは、Tilta Nucleus-MやNucleus Nanoなどのワイヤレスフォローフォーカスシステムに代わる手頃な価格の機械式フォローフォーカスとして設計されている。コンパクトなサイズと重量は、小型のカメラに適している。重量はわずか220g。

ミニフォローフォーカスは、単一のロッドアタッチメントを調整して、さまざまなサイズのシネレンズや写真レンズに適合する。シングルロッドアタッチメントは、標準の15mmレールに取り付けることができる。

Tiltaing Mini follow focus. Source: Tilta

フォーカスホイールは、調整可能なハードストップを備えた360°回転が可能で、正確なフォーカシングを可能にするフルードシステムを備えている。マーキングディスクは取り外し可能で、マーキングはクリーニングできる。

キットには、ミニフォローフォーカス、ジップタイフォローフォーカスリング、15mmシングルロッドアタッチメント、2つのアレンキー、ポータブルケースが同梱されている。なお、ティルタは各種フォーカスギアアタッチメントを提供しているので、ピッチギアが異なるレンズにも対応できる。

価格と発売時期

現在、予約注文可能で、価格はミニマットボックスとミニフォローフォーカスはそれぞれ99ドル。期間限定で、予約注文に対して15%の割引がされる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する