Waterbirdの曲がるスライダー

オーストリアの新興会社Waterbirdは、湾曲するスライダー「マルチスライダ」を開発した。従来のスライダーは直線移動しかできなかったが、このマルチスラーダーは、自由に曲げることができ、今までにないスライダーの機能を打ち出した。マルチスライダーは使い勝手もよく、一般的になったスライダーショットに新しい映像を提案するものだ。

Waterbird Bendable Slider

Image: Waterbird Systems

これは、タイムラプス撮影を念頭に置いて設計された製品で、そのためモーター、コントローラー、バッテリーパックも同梱されている。モーションはBluetooth経由でスマートフォンやタブレットでコントロールされ、ブースで実物を見ると、スライダーに沿ってヘッドがスムースに移動していた。

スライダーを曲げ、形が決まれば、スライダーの両端のロックレバーでロックされる。いったんロックされると、マルチスライダーは形状を保持し、カメラが移動しても、ブレることはない。スライダーが適度な重さを持っているため、カメラが移動しても、それによってスライダーがブレたり倒れたりすることはない。

Image Credit: Waterbird Systems

マルチスライダーは、80cm、120cm、150cmの長さから選択できる。選択した長さに応じて、カメラのタイムラプスケーブルを選択する。キットには3組の足、ソフトケース、バッテリーパックも付属する。

主な技術仕様

  • 自由な角度で曲げることができる
  • 速度と加速度をモーションコントロール
  • Bluetooth接続(iOSとAndroid)
  • 手動トリガ用カメラトリガーポート

価格と発売時期は未定だが、分かり次第記事を更新する予定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する