Wooden Cameraが新しいトップハンドルデザインを発表

Wooden Cameraが新しいトップハンドルデザインを発表

Wooden Cameraは同社のトップハンドルの新しいデザインを発表した。 NATOハンドルPlus V2Top Handle V2で、ロープロファイル、リバーシブル、コールドシューで、15mmのロッドマウントに対応している。

2種類の新しいトップハンドルが用意されている。

NATO Handle Plus V2はフラグシップモデルで、ARRIスタンダードアクセサリー(アンチツイスト)ポイントをサイド、トップ、フロントに備え、木製のグリップ、フロントとリアのロープロファイルコールドジューマウント、さらに15mmのロッドマウントがある。

私は15mmロッドマウントを使っており、カメラにモニターやアクセサリーを取り付けることができる。このような機能は他でも存在するが、こちらのほうがスタンダードだ。

NATO Handle Plus V2には、クイックリリースリバーシブルマウントも搭載されている。ハンドルを素早く前後に回すことができ、カメラのバランスの中心を調整するのに最適だ。

URSA Miniのように、スレッドが前後に並んでいるカメラに対しては、90度の構成に変更することもできる。

Top Handle V2は、プロファイルの低いバージョン。これにはNATOマウントはなく、ハンドルはボディに近くなる。

これは、カメラからハンドルをすぐに取り外したり、ハンドルの向きを変更することができないが、ハンドルを付けたままカメラを梱包するには適している。

どちらの製品も出荷間近で、価格はNATO Handle Plus V2が208.79ユーロ、Top Handle V2が116.92ユーロとなっている。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する