Wooden Cameraが超軽量マットボックスZip Boxにオプションを追加

Wooden Cameraが超軽量マットボックスZip Boxにオプションを追加

昨年Wooden Camera は軽量マットボックスZip Boxを発表した。これはレンズの前に装着し4×44×5.65サイズのフィルターに対応するものだ。今回はこのZip Boxに、138mmの円形フィルター、デュアルフィルター、そしてクリップオンフラグを追加した。

138mmの円形Zip Boxは、110-115mm、100-105mm、90-95mm、80-85mmの4種類のサイズが用意されている。これらの数値はレンズのフィルター径を表しており、様々なサイズがシネマレンズ用に用意されている。フォト用のレンズを使っているなら、最小の80-85mm Zip Boxが適しており、他のサイズには同社のアダプターリングで対応できる。

Zip Boxが 138mmの円形フィルターに対応するのは、コンパクトなアナモルフィックレンズのユーザーにとっても朗報だ。

 

 

もう一つの新製品はZip Box Doubleで、その名の通り、2枚のフィルターを装着できる。Zip Box Doubleは4×4と4×5.65のフィルターに対応し、同様に4種類のフィルター径用が用意されている。

最後の新製品は、Zip Box Flag Setで、これはWooden Camera が軽量マットボックスマーケットに参入する明確な意思を表しているものだ。

Flag Setは、上に1枚と左右それぞれ1枚、計3枚の遮光板があり、4X4、4X5.65、 138mmの全てのサイズのZip Boxに対応する。装着にツールは不要で、軽量プラスチック製。

各遮光板の寸法は以下の通り。

サイドフラップ:
重さ: 18g
サイズ: 203.2 x 101.6 x 2.54 mm

上部フラップ:
重さ: 24g
サイズ:: 254 x 114.3 x 2.54 mm

全体:
重さ: 70g
サイズ:25.4 x 177.8 x 330.2 mm

Zip Box Lightweight Mattebox

Zip Boxのコンセプトは、従来の大きなマットボックスを置き換えるため小型軽量化を狙った明確なデザインにある。Wooden Camera は9月に、4X4と4X5.65 Zip Box Blackを発表したが、今回の発表で、その使い勝手が大幅に飛躍したといえる。

Zip Boxを選ぶ理由

Zip Boxは2種類のユーザーをターゲットにしている。一つは軽量のマットボックスを探しているプロのカメラマン。彼らは業界標準のフィルターを多く持っており、ジンバルやドローン用途に軽量のフィルターソリューションを模索している。

もう一つのターゲットユーザーは、フォト用のNDフィルターを使っていたり、NDフィルターが内蔵されていないカメラを使っている映像カメラマンで、小型軽量のマットボックスを模索しているユーザーだ。

Zip Boxはこのようなカメラマンに、大きなマットボックスを使うこと無く、プロフェッショナルなフィルターワークを提供することができる。

価格はパッケージによって異なるが、様々なレンズに対応できるので、自分のレンズに合ったパッケージが見つかるだろう。

Wooden CameraのWebサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する