ジウン(Zhiyun)がスマートフォン用ジンバルSMOOTH-Q2をキックスターターで発売

ジウン(Zhiyun)がスマートフォン用ジンバルSMOOTH-Q2をキックスターターで発売

中国のメーカー、ジウン(Zhiyun)はSmooth 4スマートフォン用ジンバル(記事はこちら)に続き、軽量でポケットサイズのスマートフォンジンバルSMOOTH-Q2をクラウドファンディングのキックスターター(Kickstarter)キャンペーンに登録した。DJIも最近Osmo Mobile 3を発売しているが、 これとの違いもレポートする。

SMOOTH-Q2の操作性

おそらく最初に気付くのは、SMOOTH-Q2のコンパクトな形状だ。 DJIのOsmo Mobile 3のように折りたたむことはできないが、以下のサイズ比較でそれが不要なことは一目瞭然だ。 Osmo Mobile 3は折り畳んでも、SMOOTH-Q2と同じ程度の大きさにしかならない。折りたたむ必要がないので、SMOOTH-Q2の方が持ち運びは簡単だ。

ZhiyunSMOOTHQ2_01

また、SMOOTH-Q2にスタンドは不要。ベースは十分に大きいので、それだけで立てることができる。

SMOOTH-Q2は、航空宇宙グレードのアルミニウム合金製。重量は380グラム(バッテリー含まず)で、最大260グラムまでのスマートフォンをマウントできる。耐荷重が十分でないように感じるかもしれないが、これはiPhoneXS Maxの重量を上回っている。

バッテリーの持続時間は、17時間連続使用できる。また、デバイスの充電をUSB Type-Cポート経由で行うことができる。SMOOTH-Q2の充電には同じポートが使用される。

ZhiyunSMOOTHQ2_02

SMOOTH-Q2の操作部には、LCDディスプレイは無い。代わりに、モードインジケータLEDがあり、現在どのモードにいるかを知ることができる。またこのLEDはバッテリーの残量表示としても機能する。 LEDモジュールの下には、クイックモードスイッチ、写真/ビデオ切り替えボタン、電源スイッチ、5方向ジョイスティックがある。

ZhiyunSMOOTHQ2_03

Image credit: Zhiyun

DJI Osmo mobile 3に搭載されていないすばらしい機能は、「1秒クイックインストールクリップ」だ。これは、撮影中にスマートフォンを取り外す必要がある場合、バランスを取り直すことなく再マウントできるというもの。スマートフォンでの撮影の問題点を熟知した機能だ。

ZhiyunSMOOTHQ2_04

Image credit: Zhiyun

主な特徴

SMOOTH-Q2はBluetooth接続でiOS / Androidのスマートフォンと通信できる。サードパーティのアプリを使用せず、スマートフォンカメラを直接制御できる。更に無料のZY Playアプリをダウンロードすると、カメラ設定をより詳細に制御することもできる。

SMOOTH-Q2は、タイムラプス、モーションラプス、スローモーション、オブジェクト追跡、ボルテックスモード、フルレンジPOVなど、ジンバルが必要とするすべてのモードと機能を備えている。 なお、横向きモードはもちろん、縦向きモードでも撮影できる。

ZhiyunSMOOTHQ2_05

価格と発売時期

パッケージは2種類用意されており、標準パッケージはSMOOTH-Q2本体と、スマートフォンホルダー、ハンドストラップ、および充電ケーブルを同梱して109ドル。プレミアムパッケージは上記にミニ三脚、バッグ、およびMicro USB-Type-Cケーブルを追加して119ドルとなっている。

キヤノンもそうだったが、ジウンのような大手のブランドからクラウドファンディングで発売するのは異例だ。 キックスターターキャンペーンは既に350%を超えており、9月27日まで継続される。

クラウドファンディングプロジェクトは販売店ではないので、一定のリスクがあることをご承知いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する