広告

Z CAM ZOLAR Lightレビュー - 1×1 LEDライトの新ラインナップ

Z CAM ZOLAR Lightレビュー - 1×1 LEDライトの新ラインナップ

Z CAMは、同名のシネマカメラで知られているが、ZOLARというブランド名のLEDライトのラインナップを発表した。廉価版のバイカラーからRGBAWカラーまであり、筐体も1×1よりやや大きめだ。

編集部注:ZOLARライトのより詳細なビデオレビュー(光の計測を含む)を作成中ですが、公開は新年になってからになる予定です。

ZOLARのラインナップとして、以下のライトをレビューする機会を得た。

このレビューは、ZOLAR Vega 30C RGBAWに焦点を当てているが、他の2つのBi-Colorバージョンについても見るべきところがたくさんある。1×1サイズのライトが市場に出回るにつれ、このサイズのLEDライトに注目が集まっている。同時に、映画制作者として最近多くの選択肢があることは非常に喜ばしいが、より多くのライトが市場に出回るにつれて、ハードルは着実に上がっている。ZOLARのラインナップには、見た目以上のものがあり、その特徴も興味深いものだ。

ファーストインプレッション

どの製品も箱のようなデザインで、美しいデザインだ。特に、Vega 30C RGBAWバージョンとToliman Bi-Colorは、マットなシルバー仕上げで、黄色(カラーバージョンの場合)またはオレンジ(Bi-Colorバージョンの場合)のプラスチックプロテクターが付いている。

これらのZOLARライトは、それぞれランプヘッドが10ポンド以下であり、特に重くなく、個人レベルのカメラマンにとって良いソリューションとなるだろう。また、標準的なCスタンドやライトスタンドの使用も問題ない。奇妙なことに、ソフトケース付属のパッケージで、電源とランプヘッドを別のケースにしているが、すべてを収納できるケースの方が好ましい。

主な特徴

下に私が注目したバナー機能をいくつか挙げる。

  • 自動、高、中、低のような複数の選択可能なファンモード(オーディオはあなたに感謝します)。
  • マルチライト・シンク(メーカーによってはリード/フォローと呼ばれることもあります)
  • パワーループ出力(スタジオ環境で複数のライトを繋ぐのに便利です)
  • ロック機能付きコネクター(Neutrik powerCon – 30Sにはない)
  • 電源にデュアルVマウントバッテリースロットを装備
  • 各種DMX(30Cでは有線・無線)およびBluetooth/Wifi接続オプション
  • 4つの調光カーブと0.1%単位での調光可能

残念ながら私はゴールドマウントバッテリーユーザーなので、照明業界によるVマウントバッテリープレートへの依存度が高いのは辛いところだが、VマウントユーザーにとってはVマウントプレートという選択肢は嬉しいものだろう。もちろん、アダプタープレートも同様に使うことができる。

DMXユーザーには、Art-Net 4、sACN、5ピン有線(RDM付き)オプションが喜ばれる。Bluetoothユーザーは、ここからZOLARコントロールアプリをダウンロードできる。このアプリは基本的なものだが、Bluetoothワイヤレスアクセスを必要とする機能のほとんどに対応している。また、各機器に素早く接続することができる。

また、照明器具が地面から高い位置にあり、急な変更が必要な場合は、付属のハンドリモコンが使える。

Using a flag "topper" on the Vega 30C
Using a flag “topper” on the Vega 30C. Image Credit: Graham Sheldon/CineD

私は数週間にわたり、いくつかの作品(主に台本のある商業インテリア)でZOLARシリーズを使用したが、純粋な使用方法としては、汎用性とソリッドなカラーレンダリングのためにVega 30C RGBAWを最も頻繁に使用した。しかし、すべてとは言わないまでも、私の撮影のほとんどにBi-Colorが使用されていることを明確にしておきたい。

ZOLARライトの印象的なデザインの1つは、フリップ可能な拡散フロントパネルで、Toliman 30Cの場合は90度から127度(Vega 30Cも同じ)、Toliman 30Sの場合は40度から88度までビームアングルを調整することができる。フロントパネルの反転は即座にでき、他のパネル式ライトもこうであればと思う。このパネル(ZOLARではスタイリストと呼んでいる)を取り外すだけで、約25度の最も広い照射角が得られry。

ZOLARシリーズは、現在、アクセサリーが比較的不足している。メーカーは手頃な49ドルで、32×32対応のソフトボックスを製造しているが、現時点では、このレビューのためにそれを入手することはできなかった。約束されたグリッドは、私にとって100%必要なアクセサリーであり、DoPChoiceのようなサードパーティがZOLARラインのソリューションを用意することを期待したい。しかし、今のところ、アクセサリーの選択肢は限られている。

ZOLAR Power Supply and power button
ZOLAR Power Supply and power button. Image Credit: Graham Sheldon/CineD

電源とランプヘッドの品質は、プラスチック製プロテクター付きのアルミニウムに大きく依存している。私は、ヨークデザイン(360度フルに動く)が優れており、滑ることは全くないと感じた。

各ライトには、以下のものが含まれている。

  • 1x ZOLARライト
  • 1x ヨークマウント
  • 1x リモートコントローラー
  • 1x AC DC電源アダプター
  • 1x ZOLAR スタイリストW 32×32
  • 1x AC電源ケーブル
  • 1x リモートコネクタケーブル
  • 1x クイックユーザーガイド

ZOLAR Toliman 30SとZOLAR Toliman 30Cの相違点

Bi-Color ZOLAR Toliman 30S(499ドル)とBi-Color ZOLAR Toliman 30C(699ドル)の200ドルの価格差があるが、この2機種の主要な相違点を整理しておく。

  • DMXサポート – ZOLAR Toliman 30Cでは利用可能だが、30Sでは利用できない。
  • パワーコンサポート/ケーブル – Toliman 30Cには付属しているが、30Sには付属していない。
  • 200W Toliman 30Cは、120W Toliman 30Sと比較して、よりハイパワーなPSUを搭載している。
  • ZOLAR Toliman 30Cは、30Sと比較して、電源と熱分散システムが改善されている。

また同社は、ZOLAR Toliman 30Cをフル輝度で4000時間連続ノンストップで動作させるテストを行い、”すべてのZOLARライトで輝度低下や色の劣化はない “と述べている。これは印象的で、メーカーが光の質に重きを置いていることは明らかだ。

ZOLARのユーザーとは?

私はいつも、個々の照明製品に最適なユーザーについて考えている。というのも、以前、既成概念にとらわれない考え方をする映画制作者に驚かされたことがあるからだ。その根拠は主に、比較的手頃な価格とシンプルな使い勝手にある。また、5ピン有線、sACN、Art-Net 4によるDMX制御(ZOLAR Toliman 30SはDMX非対応)を検討されている方にも最適なシリーズだ。

Vega 30CのRGBAWチップは、赤、緑、青の間の「中間色」をうまく表現してくれる。特に、豊かな「琥珀色」のクオリティには感心させられた。

また、ZOLARLinkの使い勝手は抜群だ。リードする照明器具を指定すれば、他の機器を使うことなく、最大50台、16グループまでの照明器具をコントロールすることができる。もちろん、私は50台の照明器具をテストしていないが、この機能は3台で問題なく実行できた。

まとめ

気に入った点はたくさんある。堅牢な外装と優れた発色、堅実な価格帯、正確なケルビン値の取り扱いは、現在入手可能なアクセサリーが比較的少ないことと、ランプヘッドから電源が分離するパッケージングを克服している。

また、ZOLARシリーズのライトは、定評あるZ-Camメーカーから発売されているという事実も見逃せない。また、ZOLARが老舗メーカーであるZ-Camの製品であることも、安心材料になる。

ZOLARライトのビデオレビューは年明けに予定している。ビデオレビューには、ライトの測定値も含まれる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手