広告

ZoomがMicTrak M2、M3、M4オーディオレコーダーを発表 - 32ビットフロート録音機能を搭載

ZoomがMicTrak M2、M3、M4オーディオレコーダーを発表 - 32ビットフロート録音機能を搭載

ZoomはMicTrak M2、M3、M4を発表した。これは、32ビットフロート録音が可能なオーディオレコーダーで、ゲインノブを搭載していない。ヘッドフォン端子を装備しており、モニタリングやmicroSDカードへの録音が可能。M2とM4はX/Yカプセルを搭載し、2トラックのオーディオ録音が可能で、M4はXLR端子で2トラック追加されている。M3はオンカメラマイクロホンのような外観で、指向性カプセルを内蔵している。

Zoomは日本のオーディオ機器メーカーで、このほどマイクを内蔵したオーディオレコーダー3機種を発表した。興味深いのは、いずれも32bitフロートオーディオサンプリング技術を搭載し、より簡単に録音できるようになったことだ。

32bit float Recordingを搭載したZoomの新レコーダー

まず、32bit floatとは何か、なぜオーディオレコーダーに搭載したいのかに焦点を当てよう。簡単に言うと、音の強弱に関わらず、歪みのない音を取り込むための技術だ。32ビットフロートで録音すると、非常に大きな音でもクリップしないので、ゲインノブを調整する必要がない。実際、MicTrakの新しい3つのデバイスには、もうゲインノブすはない。従来の24ビットオーディオ録音とは異なり、ノイズのない音を復元することができ、同時に非常に大きな音もクリップせず、歪みもない。

Zoomが32bitフロートオーディオ録音に関する重要な情報(ポストプロダクションプロセスを含む)をうまくまとめた興味深い記事があるので、こちらもご参考いただきたい。

現在では、この技術は新しいものではなく、以前から搭載しているレコーダーは他にもたくさんある。例えばズームは、フィールドレコーダーのZoom F2(とF2 BT)、Zoom F3(こちらの記事)、Zoom F6に32ビットフロートを搭載していた。そして今回、32ビットフロートが新シリーズ「MicTrak」のベースとなった。

Zoom MicTrak M2

手頃な価格の2トラックレコーダー「Zoom MicTrak M2」は、ステレオコンデンサーマイクのX/Yマイクカプセルを内蔵しているのが特徴。モニター用として、波形表示付きの液晶画面と3.5mmヘッドホン出力を装備している。フロントパネルには各種操作ボタンがある。M2はENG用途のモノラルモードと、オンボードノーマライズ機能を搭載している。

レコーダーの側面にはUSB-Cポートがあり、M2をUSBマイクにすることができる。また、PC、Mac、iOS、Androidに対応している(48kHz at 24または32bit Float)。ただし、なぜかAndroidは本機では32-bit Floatに対応していない。M2は、USBマイクとして機能し、同時にSDカードに録音できるのが良い点だ。

Zoom MicTrak M2. Source: Zoom corp

マイクスタンドに取り付けるためのマイククリップが付属し、単三電池2本で動作し、最大11時間のバッテリーライフを実現する。また、必要に応じてAC電源で駆動することもできる。H1などこれまでのポケットレコーダーに比べ、本体が比較的長く、ハンドマイクの形状に似ており、光沢のある黒いプラスチック製のボディが特徴となっている。

Zoom MicTrak M3

MicTrak M3は、他の2つのレコーダーとは少し異なる外観をしている。実際にオンカメラマイクのように見える。しかし、これは32ビットフロートオーディオレコーダーで、機能的には、MicTrak M2と非常によく似ている。AC電源に対応するUSB-Cポートも同じで、M3をあらゆるデバイスのUSBマイクにすることができる。3.5mmジャック出力があり、バックアップのために音声を直接カメラに送り、後で音声を同期させるのに役立つ。M3は、32ビットフロートのWAVオーディオをMicroSDカードに録音する。

M2との最大の違いは、明らかにフォームファクターと内蔵マイクだ。M3は指向性のあるステレオカプセルを衝撃吸収マウントに装着し、カメラのコールドシューに取り付けて使用する。32ビットフロート技術によりゲインノブはないものの、M2と同様、ヘッドホン端子のモニター音量を調整するためのボリュームアップ/ダウンボタンを備えている。

Zoom MicTrak M3. Source: Zoom corp

モノラル音声の取り込み、120°ステレオ、90°ステレオを切り替えられるスイッチもある。M3もM2と同様、単3電池2本で動作し、最大12時間動作する。

Zoom MicTrak M4

M4は現在、ZoomのMicTrakラインの最上位に位置する、32ビットフロート、タイムコードジェネレーターを内蔵した4トラックオーディオレコーダーだ。2トラックは内蔵のステレオX/Yマイクで、残りの2トラックは2つのXLR/TRS入力(Fシリーズ・プリアンプ付き)で録音できる。

波形表示機能付きのカラー液晶ディスプレイを搭載し、ノーマライズ機能も搭載している。タイムコードジェネレーターは3.5mm入出力端子を装備している

3.5mm出力は、ヘッドホン出力とカメラ接続用のステレオライン出力の2系統を装備している。USB-C端子は、MicTrak M2と同じ機能であるUSBマイクと電源供給が可能。Zoom MicTrak M4は単三電池4本で動作し、最大18時間のバッテリー持続時間がある。

Zoom MicTrak M4. Source: Zoom corp

価格と発売時期

3つの新しいオーディオレコーダーは、すべて現在購入可能。価格はモデルによって、183ドルから400ドルです。

  • Zoom M2 MicTrakの価格は199.99ドル
  • Zoom M3 MicTrakの価格は183.58ドル
  • Zoom M4 MicTrakの価格は399.99ドル

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手