広告

映像制作のコンフォートゾーンから抜け出すための5つの方法

映像制作のコンフォートゾーンから抜け出すための5つの方法

ビジネスでも個人的な目標でも、新年に具体的な目標を立てることはできるが、その考え方は、今日知っていること、つまり自分の世界観、現在の状況、チャンス、今年は何が可能だと思うかに限定されてしまうことがある。そこで、具体的な目標を設定するのではなく、2023年に自分のコンフォートゾーンから抜け出すことを目的とし、その実験の行方を見守るようにしよう。

新しいこと、馴染みのないことをするとき、今想像できないような新しい道やチャンスに世界が広がる可能性がある。幸いなことに、新しい技術や制作方法を学ぶためのチュートリアルや講座は、世界中に存在する。

特集画像とすべての記事画像は、PexelsのTill Daling氏から提供されている。

映像制作は、実験のための砂場

私たちは幸運にも、映像制作の技術において、コンテンツを作るための新しい方法を実験し、試すことが許されているだけでなく、奨励され、そしてしばしば報われる。グラフィックデザインのようなクリエイティブなサービスとは異なり、特定の作業を以前と同じ方法で行うために雇われる。

get-out-of-comfort-zone-filmmaking-goals
Do something, anything, different in 2023. Image source: Pexels / Till Daling

ビデオの場合、同じプロジェクトは2つとなく、実験できるフレームがたくさんあるので、新しい戦術を試すことを阻害ものは何もない。もちろん、お金をもらって仕事をしているのであれば、クライアントがあなたに期待するものを得られるようにする必要があるが、通常、実行計画を策定するための余地はたくさんある。

もちろん、個人的な無報酬の仕事でワイルドな実験をすることもできるが、可能であれば、有報酬の仕事に実験を合わせるようにしたい。そうすれば、クライアントワークの制作で忙しくても、常に成長し続けることができる。

というわけで、2023年にあなたが映像制作で実験できる5つの方法を紹介する。

1. 全く異なる撮影スタイルに挑戦する

あなたは、自分の撮影方法を持っていて、それがうまくいっている。しかし成長のために、まったく新しい撮影を体験することも必要だ。今のやり方が実はベストであることに気づくかもしれないし、新しい撮影方法への道が開けるかもしれない。

how-to-grow-as-a-photographer-filmmaker
Use that tripod like your life depends on it. Image source: Till Daling

例えば、次のようなことが考えられる。

  • 例えば、ある撮影では三脚だけで撮影してみる。手持ち撮影、一脚、ジンバルのような派手さはない。三脚を固定し、カメラの動きではなく、フレーム内の動きでストーリーを伝える一連のショットを撮影する。
  • 一方、プロジェクトでそれが許されるなら、手持ち撮影だけをしてみていただきたい。とても魅力的な撮影モードだ。カメラとレンズ以外何も持たずに、歩きながら右へ左へ、高いところから低いところへ撮影できたら、どんなに自由だろうと想像できる。今のISやIBISは、使える映像を撮るのに十分かが分かる。
  • 「モノクローム」で撮る。個人的なプロジェクトに限られるかもしれないが、試してみる価値はある。
  • アナモルフィックで撮影してみる。アナモフィックレンズ(またはそのセット)をレンタルして、アナモフィックルックを再現するためのいくつかのトリックを学ぶことができる。アナモルフィックは自分には向かないと思うかもしれないし、新しい発見があるかもしれない。

2. 機材を増やさず、減らしてみる

機材を買えば新しいチャンスが生まれると思い込んでしまう罠は、実際にある。そして、その罠に何度も何度も陥りがちだ。ギア・シンドロームは終わりのない戦いだ。もちろん、新しい機材を買うことはとても楽しいことだし、しばしば成長するために不可欠な要素でもある。

2023-filmmaker-new-year-resolution-use-less-gear
If you can’t carry it up a mountain, don’t bring it to the shoot. Image source: Till Daling
  • 普段使っている機材よりもずっと少ない機材で撮影する。例えば、1~2本のレンズだけで撮影したり、1つのライトだけで撮影してみたり。私は個人的に、この実験で何度も大きな成功を収めてきた。あるドキュメンタリーの撮影で、私は35mmのプライムレンズと100mmのマクロレンズだけを持って行った。
  • 照明も同じだ。確かにフルライトキットがベストだが、1つのライト、ディフューザーも1種類。ドキュメンタリーの取材で、シャワーカーテン越しに撮影したCOBライトだけを無理やり使うのはどうだろうか?私は数年間、インタビュー用のライトとしてWestcott Ice Lightを1つだけ持ってアラスカを旅していたが、そのおかげで、大きなバッグにライトやスタンドを入れていたら不可能だった撮影に挑むことができた。
  • また、あまり大げさに考えずに、機材を少なくして、ストーリーに集中することもできる。スライダー、ジンバル、ドローンは使わず、ビデオトリックではなく、人が主役の映像をたくさん撮るために歩き回る。

3. 新しい編集ワークフローを試す

一度、特定の編集ワークフローに慣れてしまうと、それを変更することは困難だ。

しかし、新しい編集ワークフローを積極的に試さない限り、現在のシステムが本当に自分にとって最適なアプローチなのかどうかを知ることはできない。さらに、クライアントから別のNLEを使うよう要求された場合、その仕事を逃してしまうかもしれない。そして最後に、撮影を試すのであれば、編集も試した方がよい。

learn-new-video-editing-workflow
Amber alert – your NLE crashed against and your project is missing. Time to try something new? Image source: Till Daling

そこで、まったく別の編集ソフトウェアを試す。小さなプロジェクトでそれを行う。iPadで編集してみる。iPadでDaVinci Resolveを使えば、まったく新しい道を切り開けるかもしれない。

あるいは、いつも使っているソフトの中で、これまでとは違うアプローチで編集してみる。音楽に頼らず、自然な音とセリフだけでストーリーを進めてみる。いつものやり方で編集に飛び込むのではなく、インタビューを書き起こして、まず紙の編集を書くことを試してみる。Final CutのAuditionを試すのも良いだろう。

他の編集方法も試してみたい。自分自身について何がわかるかわからないし、あなたの編集ツールに追加する新しいスキルも学べる。

4. 今の自分の得意分野とは全く別のビデオ製品に挑戦する

あなたは自分の仕事が得意なことを知っているし、クライアントもあなたがそれを得意としていることを知っている。しかし、新しいことに挑戦するのは、ビジネスの成長目標を達成するためではなく、あなたがまだ知らない新しい扉を開くことができる。

try-something-new-in-2023
You never know when a new skill will come handy. Image source: Till Daling

企業ドキュメンタリーを作るのが得意なら、ボイスオーバー付きの30秒のビデオを作ってみるのもよいだろう。30秒の動画のために、キレのあるタイムラプスを作る方法を学ぶ。ストック映像だけでCMを作る。それをクライアントに送り、感想を聞いてみる。あるいは、モーショングラフィックスだけでプロジェクトを作り、15秒に抑えてクライアントに渡し、彼らのソーシャルメディアに使ってもらう。ネイティブの垂直解像度でインスタグラムのリールを撮影してみる。そうすれば、いつものクライアントが、「もっと新しいことをやってほしい」と思ってくれるかもしれない。

映像のトレンドは移り変わるし、クライアントの要望も千差万別だ。映像制作は何十種類もあるが、クライアントにとって「映像プロデューサー」とは、様々な制作ができる人のことを指す。そして、もし自分の得意分野ではないことを頼まれたら、やってみることだ。

突拍子もない依頼に「ノー」と言うのではなく、イベントビデオ撮影に挑戦してみる。ライブストリーミングを勉強する。グリーン・スクリーン・インタビューに挑戦する。コンフォートゾーンから抜け出して、新しいことに挑戦する。いつの間にか、新しいスキルを今の自分の得意分野に応用していることに気づくはずだ。

5. 学ぶだけでなく、教える

常に新しい技術やトレンド、やり方を学ぶことは大切だし、映像制作においても、クリエイターとして成長することはもちろん、時代について行くために必要なことであることは間違いない。しかし、他者を巻き込むことにも力を入れるべきだ。自分が成長すること、自分のビジネスを成長させることよりも、自分がこの仕事をするために必要なことを誰かに教えることを大切にする。そして、もう一人、この業界に加わる人を増やす。

撮影の仕方を教えたり、簡単なストーリーを編集してあげたり。興味はあるけど、始めるのにちょっとした手助けが必要な人を引き入れる。

teach-others-your-video-production-skills
“Do, or do not, there is no try.” Teach others your wise ways. Image source: Pexels / Till Daling

最近、あなたの世界を変えるようなツールやワークフローを発見しただろうか?ブログの記事を書いたり、LinkedInの記事を書いたり、あるいはツイートをしたり。あるいは、それについて短いYoutubeビデオを作成する。オンラインで共有することは、必ずしも宣伝である必要はない。実際、私たちが最近インターネットで失ったものの1つは、何かを売ろうとするのではなく、単に親切で役に立つために、コミュニティを助け、共有しようとする気持ちだと思う。

他の人と共有したり教えたりすると、必ず自分も何かを学び、その過程で、あなたのおかげで世界がより良くなっていることに気づくはずだ。

2023年、私たちMZedとCineDは、世界中のフィルムメーカーからの洞察やレッスンとコース、ビデオ制作への新しいアプローチを共有し、私たち全員が自分の技術を成長させ続け、素晴らしいビデオ作品を作ることをがきるようになることを楽しみにしています。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手