7Artisansが10mm F/2.8 Fisheye、55mm F/1.4 II、60mm F/2.8 II マクロレンズを発売

7Artisansが10mm F/2.8 Fisheye、55mm F/1.4 II、60mm F/2.8 II マクロレンズを発売

7Artisans は、ミラーレスカメラ用の3つの新しいレンズを発売した。10mm F/2.8 フィッシュアイ、55mm F/1.4 セカンドバージョン、60mm F/2.8 マクロレンズセカンドバージョンだ。絞りリングのクリックが無く、非常に手頃な価格だ。

7Artisansは中国のレンズメーカーで、非常に明るいマニュアルの写真用レンズを手頃な価格で製造している。昨年、35mm F/0.95 レンズをレポートしたが、これは255 ドルだ。

7artisans は今回、10mm F/2.8 Fisheye、55mm F/1.4 II、60mm F/2.8 II Macroの3つの新しいレンズをラインナップに加えた。これらのレンズはすべてマニュアル (フォーカスと絞り) で、クリックのない絞りリングを備えており、映像クリエーターにとって理想的なレンズとなっている。

7Artisans 10mm F/2.8フィッシュアイ

7Artisans 10mm F/2.8 は、フルフレーム ミラーレス カメラで 178° の非常に広い視野を持つ魚眼レンズ。現時点では、E、RF、Z、Lマウントが選択できる。

Image credit: 7artisans

7Artisans 10mm F/2.8 Fisheyeは金属の筐体で、わずか 68mm x 87mm (長さ x 直径) のかなりコンパクトなサイズにもかかわらず、重量は 580gある。

Image credit: 7Artisans

7Artisans 10mm F/2.8 のレンズ構成は、1枚の超低分散ガラスと 4枚の高屈折非点収差レンズを備えた 8群11枚。絞りには 8 枚のブレードがある。レンズの前にフィルターを配置することはできない。

Image credit: 7Artisans

7Artisans 55mm F/1.4 II

7Artisans 55mm F/1.4 IIは、X、EOS-M、MFT、Z、Eの各マウントで利用でき、APS-C センサーのみに対応している。 10mm F/2.8 と同様、このレンズも完全に金属製で、重さは 358g、長さは 65mm。

Image credit: 7Artisans

このレンズの最初のバージョンは2018年にリリースされ、これはセカンドバージョン。レンズ構成は、5 群 6 枚で、絞りは (以前のバージョンの 14 枚から) 9 枚のブレードになっている。

また、最短撮影距離は従来の35cmから42cmに短縮。フロントフィルター径は52mm。

Image credit: 7Artisans

7Artisans 60mm F/2.8 II Macro

これは7Artisans 60mm F/2.8 II Macro のセカンドバージョンで、X、EOS-M、Z、MFT、Eに対応。このレンズはAPS-Cカメラ専用となっている。

前モデルと同様、長さ 80.5mm、直径 60mm/、重量 339gの非常に小型軽量モデルだ。

Image credit: 7Artisans

7Artisans 60mm F/2.8 II マクロの最短撮影距離はわずか 17.5cm で、昆虫や製品の細部を撮影する場合に最適だ。レンズ構成は8群11枚で、1枚のHOYA超低分散ガラスで色収差を低減している。開口絞りは、クリーミーなボケ味を実現する9枚の絞り羽根を備えている。

価格と発売時期

10mm F/2.8 Fisheyeは 259ドル、55mm F/1.4 II は 126ドル、60mm F/2.8 II Macro は 169.ドルとされている。

7Artisansは非常に明るいレンズや特別なレンズを手頃な価格で提供しているので、実際のビデオショットを見てみたい。ご想像のとおり、シャープな結果を得るには、おそらくレンズを少し絞る必要がある。

詳細については、7ArtisansのWebサイトを参照いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する