Laowaが24mm F14 2XマクロプローブレンズにソニーFE Cineバージョンを追加

Laowaが24mm F14 2XマクロプローブレンズにソニーFE Cineバージョンを追加

Laowa 24mm f / 142xマクロプローブがソニーFE Cineバージョンとして発売された。フォーカスとアイリスコントロール用の0.8ギアが追加され、堅牢なアルミニウム製となっている。

これは特殊なレンズで、常に使うレンズではない。 Laowa 24mm f / 14 2xマクロプローブはユニークなマクロショットが可能で、わずか2cmの近接焦点で、2:1マクロを撮影できるが、かなり広い「虫の目」視野角(85°)での撮影も可能となている。

こちらこちらに以前の記事、こちらにビデオレビューがあるので参照いただきたい。

Laowa Macro Probe
Cine version (gears). Image credit: Laowa

今回、Laowaはこのレンズの新しいマウントとしてソニーFE Cineバージョンをリリースした。これは、ネイティブのソニーFEマウントだけでなく、フォーカスとアイリスコントロール用の標準のギア付きリングも備えている。今回の追加で、選択できるマウントは以下のものとなった。

  • キヤノンEF(スタンダードおよびCine)
  • ニコンF(スタンダード)
  • ソニーFE(スタンダードおよびCine)
  • Pentax K(標準)
  • ARRI PL(Cine)
  • ライカL(スタンダード)

Laowa 24mm f/14マイクロプローブ

広角設計により、従来の望遠マクロレンズよりも近距離ではるかに深い被写界深度で撮影でき、背景を入れての撮影が可能となった。

Laowa Macro Probe
Comparison between Laowa 24mm and a traditional macro lens. Image credit: Laowa

フォローフォーカスなどを使用してフォーカスとアイリスをコントロールできるので、手動操作する場合のようにレンズがブレてしまうことがない。これがCineバージョンの利点だ。

価格は、標準のものが1499ドル、シネバージョンは1699ドルとなっている。

Laowa Macro Probe
The Laowa 24mm f/14 Macro Probe. Image credit: Laowa

このレンズはf / 14なので明るいレンズではない。できれば明るいバージョンが欲しいところではある。

なお、ネイティブレンズマウントでなくてもPLやEFバージョンをアダプターで取り付ける方法もある。しかし少しの揺れでも映像は大きく影響されるので、その意味ではネイティブマウントの方がより安定した映像になるだろう。

Laowa Macro Probe
Laowa 24mm f/14 macro Probe on a Canon EOS camera. Image credit: Laowa

Link: Laowa

注:写真はソニーFE Cineバージョンではありません。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する