ブラックマジックデザインがTeranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDRを発表

ブラックマジックデザインがTeranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDRを発表

Apple Mac ProとPro Display XDRが先日発表されたが、今度はブラックマジックデザインがTeranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDR発表した。この新しいモニタリングソリューションは、Apple Pro Display XDRと互換性があり、ディスプレイを正確なプロ用リファレンスモニターとして使うことができる。

主な機能

Teranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDRは、8K DisplayPortモニタリングに対応している。デュアルオンスクリーンスコープオーバーレイ、HDR互換、33ポイント3D LUT表示、モニターキャリブレーションツールなど、様々なプロフェッショナルツールを備えている。デュアルオンスクリーンスコープは、WFM、ベクタースコープ、RGBとYUV Parade、およびヒストグラムの切り替えが可能。

なおApple Pro Display XDRは6Kだが、この場合でも変換は可能。内蔵のスケーラーにより、接続されているモニターの解像度に合わせて調整される。

フロントパネルはシンプルで分かりやすい。左側にはUSBポートがあり、ここに校正プローブを接続する。現時点では、SpectraCal C6、X-Rite i1 Display Pro、Klein K10-Aプローブをサポートしている。CalManなどのサードパーティー製ソフトウェアは不要だ。

中央には、6つのボタンがあり、必要な機能を選択し、右側のホイールでメニューをコントロールできる。また付属のユーティリティソフトウェア(MacおよびWindows対応)でもコントロールできる。

更にカラー画面が装備されており、入力ビデオ、ビデオ設定、オーディオメーターなどを表示する。

背面にはQuad Link 12G-SDI入力コネクターがある。これらは、HD、Ultra HD、および8K信号に対応している。入力信号をループアウトすることも可能だ。

入力信号は変換され、2系統のDisplayPortコネクター(フルサイズとUSB-C)で出力される。

またイーサネットポートも用意されており、ユニットを制御できる。さらに、ステレオアウト用に2系統のRCAコネクターも用意されている。

TeranexMiniSDI8K_03

HDRワークフローとフォーマット

Teranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDRはその名前が示すように、最新のHDRワークフローに必要なすべてを備えている。 DisplayPortモニターがHDR互換の場合、HDR SDIモニタリングが可能だ。 ST2108-1、ST2084、およびST425規格を含む、多くのHDR規格がサポートされている。もちろん、HDRカラースペースを使用しない場合は、Rec.2020およびRec.709カラースペース、および100%のDCI-P3フォーマットをサポートする。

フォーマットに関しては、Teranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDRはすべてのHD、Ultra HDおよび8K規格をサポートする。 720p解像度では、50p、59.94pから60pまで、1080iフォーマットでは、50i、59.94iから60iまでサポートする。。

1080p、1080PsF、2160p、2Kおよび4K DCIフィルムフォーマットの場合、23.98から60 fpsがサポートされる。最後に、8Kフォーマットでは、23.98から59.94pまでサポートされる。

TeranexMiniSDI8K_04

価格と発売時期

Teranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDRは、2019年10月より1,295米ドル(税別:日本での価格は未発表)。Teranex non-HDRバージョンも同じ価格で入手可能の予定。

同社のプレスリリースはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する