AppleがMac Pro と Pro Display XDRを発表

AppleがMac Pro と Pro Display XDRを発表

Appleが新しいMac Proを発表したが、これは今までで最も強力なMacだ。特に映像クリエーターにとっては重要な製品と言える。 Mac Pro8K編集にも対応できるように考えられており、構成は最大28コア、12DIMMスロットに1.5TBRAM、そして8つのPCI Expressスロットを搭載する。

MacPro_Featured

最強のMac Pro

Appleは2019年のWWDCで、新しいMac Proを発表した。旧型となったMac Proの発表から5年が経過している。従来のMac Proは、これまでで最もがっかりさせられたコンピュータの1つだ。「Pro」と言えるものは名前だけだった。新しいMac Proのデザインを見る限りでは、Appleが過去の過ちを認めたように見える。以前のMac Pro 5.1のように、再びモジュール式に立ち返っている。これは正しい判断だろう。

この新しいMac Proは「古典に戻る」デザインで、モジュール化により柔軟性が増している。

MacPro_01

主な仕様

新しいMac Proのケースはアルミニウム製で、システに全方向からアクセスできる。中には単一のプロセッサーを持ち、 8〜28コアのIntel Xeonプロセッサーを選択できる。重量は18kgで、消費電力は300ワットだ。

メモリの面では、12のDIMMスロットがあり、1.5TBのRAM(12 x 128Gb)を占有できる。

更に8つのPCIe拡張スロットがある。

  • 3本のフルレングスPCI Express Gen 3スロット。 1 x 16スロットと2 x 8スロット、75 Wの補助電源
  • Apple I / Oカードが取り付けられている1本のハーフレングスx 4 PCI Express Gen 3スロット。このAppleのI / Oカードには、2系統のUSB 3ポートと2系統のThunderbolt 3ポート、さらに3.5 mmのジャック出力が組み込まれている。
  • 2つのMPXモジュールまたは最大4つのPCI Expressカードスロット

MacPro_02

MPXモジュールとは、Thunderboltを統合するためのPCIeレーンを備えたPCI Expressグラフィックカードだ。500ワットまで対応でき、強力なグラフィックスパワーを発揮する。

つまり4本のPCI Expressスロットに、「従来の」AMD Radeon Pro 580Xグラフィックスカード(または必要に応じてVega 64)を装着できるということだ。あるいは、MPXモジュールを使ってAMD Radeon Pro Vega IIデュオモジュールを完成させることもできる。このモンスターマシンは2つのVega II GPUで構成され、それぞれに64のコンピューティングユニットと4096のストリームプロセッサ、64 GBのHBM2メモリ(GPUあたり32 GB)、4系統のThunderbolt 3ポートと1系統のHDMI 2.0ポートを搭載している。最大8台の4Kディスプレイ、または4台のPro Display XDRをサポートする。

MacPro_03

更にFinal Cut Pro XのProResおよびProRes RAWコーデックを高速化するAfterburnerという拡張カードと、サードパーティ製のアプリケーションがある。以前のRED Rocketのようなものだ。これによりCPUとGPUは他の処理にその計算能力を使うことができる。

MacPro_04

基本モデルでは、ストレージは256Gb SSDを1個のみだが、2台のSSDモジュールを搭載でき、最高2.6GB / sのシーケンシャルリードと2.7GB / sのシーケンシャルライトパフォーマンスが可能となる。いずれにせよ、オープンアーキテクチャなので、後で簡単にアップグレードすることが可能だ。なお、データはApple T2 Security Chipによって暗号化される。

入出力に関しては、2系統のUSB 3ポートと2系統のThunderbolt 3ポートに加えて、背面に3.5 mmジャック出力がある。また、下部に2系統の10 Gbイーサネットポートがある。更にケースの上に、2系統のThunderbolt 3ポートがある。

最後に、これら各部に十分な電力を供給するため1400Wの電源が搭載されている。

MacPro_05

Apple Pro Display XDR

Appleのディスプレイで最後のものは、2011年に発売され、2016年に製造中止となった27インチThunderboltディスプレイだ。

新しいApple Pro Display XDRは、驚異的な6016 x 3384 Retina 6K解像度の32インチLCDパネルだ。まさに「Pro」用ディスプレイと言える。少なくとも仕様を見る限りでは期待を裏切っていない。

DCI-P3色空間は色域の「新しい標準」だが、新しいPro Display XDRはP3の広い色域と真の10ビット色(8 + 2ではない)を再現できる。またAppleは、この新しいディスプレイは「業界最高の偏光技術を採用しており、色再現性に優れ、非常に広い視野角を実現している」と述べている。マットディスプレイで、反射率が低くグレアが少ないnano-textureと呼ばれる革新的なマットオプションを使用している。

ナノテクスチャガラスが必要ない場合は、標準バージョンも選択できる。

MacPro_06

実際、Pro Display XDRは、ダイレクトバックライトシステムを採用しているため、HDRに適している。また、576個のLEDが1000nitの明るさを実現している。深い黒とハイライトの細部に加え、コントラスト比は1,000,000:1となっている。

すべてのディスプレイは工場で校正される。 Appleによると、画面の各LEDは「個別に調整され、そのライトプロファイルが保存されている」とのこと。HDR、HD、SDビデオ、デジタルシネマなど、さまざまな参照モードが用意されている。色空間、白色点、ガンマ、明るさを調整できる。最後に、True Toneが利用できるが、これは専門的に調整されたモニターなので、それを実際に使用することはないだろう。

また、Pro Display XDRのフレームはわずか9mm幅で、iMacのそれより​​はるかに細くなっている。

モニターの背面には、1系統のThunderbolt 3ポートと3系統のUSB-Cポートがある。 Pro Display XDRにはスタンドが無く、電源コードだけが付属する。テーブルに置くためには、VESAマウントアダプタを199ドルで購入するか、Proスタンドを999ドルで購入する必要がある。

価格と発売時期

Mac Proは、8コアの3.5GHz Intel Xeon Wプロセッサ、32GbのRAM、256GbのSSD、およびAMD Radeon Pro 580X仕様で5999ドル。

標準ガラスを使用したPro Display XDRの価格は4999ドル、ナノテクスチャガラスバージョンの価格は5999ドルだ。 Pro StandとVESA Mount Adapterは別売。

Mac ProとPro Display XDRは今秋発売予定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する