広告

COLBORがCL60R、CL100X、CL100XMを発表 – モジュール式COB LEDライト

COLBORがCL60R、CL100X、CL100XMを発表 - モジュール式COB LEDライト

COLBORは、COB LED照明のCLシリーズに、CL60R、CL100X、CL100XMの3つの新モデルを発表した。すべてのモデルは、複数のユニットを積み重ねて大きなサイズにすることができるPowerCubeスケーラブルデザインを共有している。

中国ブランドのCOLBORは、照明の世界では比較的新しいプレイヤーだ。数ヶ月前、最大10個のスポットライトの照明アレイを構築することができるスタッキング設計の2色COB LED器具であるCL60をレポートした。

今回、同社はこの照明器具のRGBWWバージョン「CL60R」と、110Wの新モデル「CL100X」「CL100XM」を発表した。

Source: COLBOR

COLBOR CL60RとCL100Xシリーズ:特徴

COLBOR CL60R、CL100X、CL100XMはそれぞれ65W RGBWW、110Wバイカラー、110Wデイライトバランス(5,600K)ライトで、CL60RとCL100XのCCT範囲は2,700~6,500Kだが、前者はHSIモードでも最大360万色の再現が可能。

COLBOR CL100X. Source: COLBOR

すべてのライトにモディファイア用の標準的なボーエンズマウントが付属し、CRIは97+を謳い、0〜100%の範囲で完全に調光できる。COLBORによると、付属のリフレクターを使用した場合、CL100Xは1mで最大25,070ルクス、CL60Rは同距離で22,974ルクスに制限される。

COLBOR CL60R. Source: COLBOR

すべてのライトにライティングエフェクトが内蔵されており、その数はモデルによって異なる。CL100XMは7個、CL100Xは10個、CL60Rは13個となっている。さらに、すべてのライト本体に冷却システムを搭載し、20dB以下の静音性を実現するとしている(ただし、同社では明記していない)。

デザイン・電源・コントロール

CL60の特徴であるパワーキューブデザインを継承しており、最大10台まで積み重ねることができ、合計1,100Wまでの大きな光源として機能する。

Array of 9 COLBOR CL100Xs. Source: COLBOR

各照明器具は、航空宇宙グレードのアルミニウムとABS樹脂を混合して作られているため、軽量構造になっている。CL60Rは140×80×90mm、重さ600gと非常に小型・軽量だ。CL100Xは、150×80×90mmで800gと多少重い。

CL60RはCL60と同様に、DCウォールメイン、VマウントまたはNP-Fバッテリー、さらにUSB-C Power Delivery(PD3.0 20V 4A)など、さまざまな電源を使用できる。一方、CL100Xモデルには後者の機能がない。

COLBOR Studio App. Source: COLBOR

照明の設定は、各ランプの背面にある2インチのLEDスクリーンに表示され、オンボードコントロールまたはCOLBOR Studio App(iOS/Android)を使って調整することができる。照明器具をマトリクス状に配置した場合、1台の照明器具の設定調整をグループ内の他のすべてのユニットで再現することができる。

価格と発売時期

COLBOR CL60R、CL100X、CL100XMは、現在予約受付中です。価格は以下の通り。

  • CL60R・・・199ドル
  • CL100X – 199ドル
  • CL100XM・・・179ドル

詳しくは、こちらのCOLBORのホームページをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手