広告

Deity MicrophonesのTC-SL1 Smart Timecode Slate レビュー

Deity MicrophonesのTC-SL1 Smart Timecode Slate レビュー

Deity Microphonesは、照明メーカーAputureのパートナーオーディオブランドで、Rode、Zaxcom、Denecke、Zoom、Tascam、Tentacle、Sonyなどのブランドが主流のオーディオ界において、手ごろな価格の選択肢として知られてきた。Deityは、ラベリアベースのワイヤレスシステム、ブームマイク、そして今回初めてスマートスレート「TC-SL1」を発売した。

まず、一般的に、スマートスレートまたはスレートをアップデートする必要性はあるのだろうか?

スレート、タイムコード、そしてスレートが必要な理由

スレートは、映画、テレビ、コマーシャル制作でオーディオとビデオを同期させるために設計されたデバイスだ。「ダミー」スレートは「クラッパー」とも呼ばれ、シーンの見出し、テイク番号、プロダクションのタイトル、監督や撮影監督の名前など、ポストプロダクションのための貴重な情報を表示することができる。「スマート」スレートは、スレート、カメラ、オーディオミキシング装置に小型の外部タイムコードボックスを取り付け、タイムコード同期を導入することで、さらに一歩進んだ機能を備えている。

そこから、ワイヤレスまたは物理的に接続されたケーブルでタイムコードを同期させる。タイムコードを同期させることで、ポストではビデオファイルとオーディオファイルを自動的に(ソフトウェアによっては、いくつかのボタンを押すだけで)マッチングさせることができる。大規模なプロダクションでは、何十台ものカメラと複数のチームが同時にオーディオを収録することがあるが、このような場合にもメリットがある。特にマルチカメラのプロジェクトでは、編集室でのコスト超過を避けるために、タイムコードは制作の各段階で100%必要だ。

余談だが、ダミースレートはカメラ部門が所有し、スマートスレートはオーディオ部門が管理することもあるが、常にそうとは限らない。

フィルムスレート – 競合

Image Credit: Graham Sheldon/CineD

一般的なオーディオの分野では多くのブランドがあるが、今回のTL-SL1と競合する製品だけを考えると、スマートスレートは多くない。アンビエントレコーディングやデネッケのスマートスレートは、1600ドルから2000ドル程度で販売されている。

これらのデバイスの欠点は、使い捨ての高価な単三電池に依存しているか、別の外部タイムコードデバイスを取り付ける必要があり、大きくなり、合理化されていないことだ。また、別途デバイスを取り付ける必要がある場合、スマートスレートはディスプレイとして機能することになる(「スマート」の定義が拡大する)。

Deity TC-SL1は、199ドルのTC-1タイムコードジェネレーターと一緒に動作するように設計されている(2.4GHzの無線システム)。しかし、1/4″TRSと5ピンLEMOタイムコードポートを使用して、他の一般的なLTC互換のタイムコードデバイスにハードラインを接続することができる。したがって、他のシステムをすでに使用している場合は、Deityのシステムに縛られるわけではない。

TC-SL1は、Sidus Audioのアプリでコントロールが簡単にできる。

ファーストインプレッション

Image Credit: Graham Sheldon/CineD

スタイリッシュなアルミニウム削り出しのDeity Microphones TC-SL1スレートを半硬質グレーのケースから初めて取り出したとき、定価999ドルがお買い得に感じられた。このケースには、ドライイレーズマーカー、NP-F550バッテリー2本、USB Cケーブル、1/4″ TRS to 5-pin LEMOケーブルも入っており、すべて2年間の限定保証がついている。ケースには、追加のバッテリーやケーブルを収納できるネットがあり、TC-1タイムコードジェネレーターを数台入れることもできる。

スレートは一枚のアルミニウムから作られており、手触りもよい。

Image Credit: Graham Sheldon/CineD

背面の小さな隆起は、2人目のACがスレート端末を持つのに便利で、側面の電源ボタンはスライド式の保護プレートを備え、誤って電源を入れたり切ったりすることを防止している。スレート本体を回転させると、NP-550バッテリーのロックドアが見える。このバッテリーは2時間で充電が完了し、なんと120時間持つ。電池の両端にあるインジケーターランプは、両方の電池がスレートに電力を供給している場合、緑色に表示される。

Image Credit: Graham Sheldon/CineD

もう一つの際立ったデザイン上の特徴は、デバイスの背面にある小さなディスプレイで、現在の設定(フレームレート、バッテリー残量、Bluetoothインジケータなど)を表示する。Sidus Audio Bluetoothアプリを使用しない場合は、小さなトグルですべてを手動で設定することができる。手動でコントロールすることで、途中でバッテリーが切れる可能性に対する懸念を軽減することができる。

Sidus Audio lets you determine an order for different operations and making the slate display “CINED” took just seconds to program in.

前面のタイムコードディスプレイは非常に明るいので太陽光下でも視認できる。スタジオ環境では、カメラレンズのフレアを避けるため、ディスプレイの輝度を下げることができる。またスレートに短いメッセージを書き込めるのは便利だ。カスタムメッセージの作成は、アプリ上で数秒のうちに完了する。

また、タイムコードディスプレイの左上または右下にある小さな赤いLEDのドットライトが点滅し、スレートが点灯していることを知らせる。また、側面にある「フリップ」ボタンで、スレート本体を裏返すことなくタイムコードの数字を反転させることができるのも便利な機能だ。ただ、フリップボタンの上に保護用のスライドドアがないので、電源ボタンの上のスライドドアのデザインもフリップボタンと同じだと良かったのだが。

The on/off button with protective sliding door. Image Credit: Graham Sheldon/CineD

もう一つのデザイン上の特徴は、TC-SL1スレートの背面にサードパーティーのタイムコードジェネレーターを取り付けるためのベルクロスポットまたは小さなストラップがあることかもしれない。また、Deityがこのデザインのクリーンな外観を維持したかったであろう理由も理解できる。

Sidus Audioアプリ

その昔、Aputureの照明製品のためのSidus Linkアプリの発売は、バグがないわけではなかったが、それは、ソフトウェアデザインで知られていない会社の新しいソフトウェア製品であることを考えると、予想されることだった。しかし、Sidus Audioのアプリは、発売当日、問題なく動作した。

Deity TC-SL1をBluetoothでリセットすると、アプリはすぐにスレートと、私のApple iPhone 14にある他の3つのTC1タイムコードジェネレーターを見ることができるようになった。

すべてのTC-1ボックスが同じグループであることは、私の目的には適している。複数のカメラチームが異なるエリアで撮影するような大規模なプロジェクトでは、デバイスを別の構成にした方がよいかもしれない。アプリ内のほとんどの時間は「デバイス」メニューに費やされたが、「ワークステーション」メニューを選択すると、グループ内のデバイスをより大きくスクロールして表示することができる。

このアプリで “sync “をクリックすると、数秒後にすべてのDeityデバイスが同一のタイムコードで同期される。もちろん、競合製品を使用してスレートにジャムする場合、このアプリはこのようにシームレスに動作しない。その場合は、目視で簡単に同期していることが確認する。

スレート「Deity TC-SL1」レビューのまとめ

Image Credit: Graham Sheldon/CineD

これまでのところ、TC-SL1スマートスレートは、稀に見る優れた製品だ。ここ数年あまりなかったオーディオ製品カテゴリーを活性化させている。

また、TC-SL1は、Deityのブランドアピールを、コンテンツクリエイターだけでなく、より大規模なプロダクションにまで広げるという意味でも、良いものだ。Deityがより広くアピールすることは、オーディオ界全体にとってもプラスになる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手