DJI Mavic Air 2 レビュー

2020.4.29

DJIがMavic Air 2を発表した。これは4K 60pで最大240fpsのスローモーション映像を120Mbpsで記録する。また1080p、48メガピクセルの写真、8Kハイパーラプス機能、最大34分の飛行時間、自律機能の強化なども搭載している。

Mavic Air

Mavic Airは2年以上前に発売された。より高価なMavic Pro(Mark 1)よりも高画質なビデオ映像をはるかに安価に提供するものだった。

DJI Mavic Air 2 – looks like a “mini” Mavic 2 Pro. Image credit: DJI

DJI Mavic Air 2を発表

今回発表されたのは1/2インチセンサーを搭載したDJI Mavic Air 2で、これは最大4K/ 60fpsを120 Mbpsで記録できる最初のMavicドローン。これは、2倍の価格のMavic 2 Proよりも優れている。Mavic2 Proは最大で4K/30fps、100 Mbpsだ。

Mavic Air 2 folded up. Image credit: DJI

外観はまるで小さなMavic 2 Proのようだ。

Mavic Air 2を飛ばしてみての第一印象は、4K/60pの映像は驚くほどクリアということ。 50 / 60pでもジッターが少ない高速パンが得られる。 D-Cinelikeは、カラーグレーディング用に「一種の」ログ画像を作成することもできるが、まだ8ビットに留まっている。またMavic Air 2は最大4K 60pでHDRビデオを撮影することもできる。

NDフィルター

上記のテストフライトでは、NDフィルターを取り付けていなかったため、速いシャッタースピードを使用する必要があるが、その結果、画像のジッターが増加している。もちろん、Mavic Miniと同様に、自動露出モードでは素晴らしい映像になる。ただしこのモードでは、シャッタースピードの表示がされない。

The “Fly More” Combo includes some ND filters for the first time.

「Fly More」コンボには、3つのバッテリー、キャリングケース、カーチャージャーが同梱されているが、初めてNDフィルターが同梱された。

48メガピクセルRAW写真

従来のAirと比較して、CMOSセンサーは1/2インチと大きくなり、Quad Bayerテクノロジーを使用することで、12メガピクセルのセンサーだけでなく、48メガピクセルのRAW写真もDNG形式で撮影できる。画像は、このような小さなセンサーながら印象的なものだ。

Processed 48MP photo from the Mavic Air 2. Image credit: Nino Leitner / cinema5D

100% crop from the 48MP photo from the Mavic Air 2 above. Image credit: Nino Leitner / cinema5D

HDR写真モードでは7種類の異なる露出で撮影し、それらを自動的に1枚の写真に結合する。

Hyperlightモードは、複数回露光し、それらを計算して1つの画像に統合し、ノイズを低減することにより、低照度の環境でノイズの少ない画像を作成する。

また夕日、草、雪、青空、木の5種類のシーンを認識し、それらの写真設定を最適化する写真のシーン認識機能もある。

Extended WiFi に代えOcuSync 2.0 Transmissionを採用

オリジナルのMavic Airの欠点の1つは、ドローンとコントローラー間の画像転送技術だった。従来はExtended WiFiを使用していたが、到達距離と応答性はDJIのOcuSyncより劣っていた。

Mavic Air 2にはOcuSync 2.0が搭載されており、Proシリーズのドローンに匹敵する操作性を得ている。到達距離は最大10 kmだが、法律で飛行中は常にドローンを視界内に置いておかなければならないため、これは現実的ではない。 OcuSyncは、Mavic Air 2の2つの周波数帯域を使用し、自動的に最適な信号に切り替える。

Air 2には、新しく設計された人間工学に基づいたコントローラーが搭載されており、スマートフォンをマウントできるようになっている。これは、以前のデザインよりもはるかに快適だ。従来問題だったバッテリー容量も大幅に増加している。

HD120fps/240fpsのスローモーション

Image credit: cinema5D

また、Mavic Air 2は1080pの解像度で最大240 fpsのスローモーションを撮影することもできる。サーフィンなどの動きの速いスポーツシーンに最適だ。このモードで撮影すると画質は著しく低下するが、シーンによっては十分使えるだろう。

Hyperlapse 8K

ハイパーラプス8Kは、事前にプログラムされた移動タイムラプスを可能にする新しいモードで、基本的に複数の写真をつなぎ合わせてビデオにする。飛行経路を事前に定義しておき、ドローンを被写体の周りを一周したりすることもできる。

Image credit: cinema5D

趣味で使うユーザーには、Mavicシリーズの他のドローンにも搭載されているQuick Shot機能に加えて、Mavic Air 2には現在のシーンの種類を自動的に認識するSmartPhotoと呼ばれる新しいモードがある。

34分の飛行時間

飛行時間は最大34分とされているが、風の強い状況だったため確認できなかった。強い風の中ではバッテリーははるかに速く消耗する。しかし、いずれにしても、飛行時間は十分すぎるほどだ。

インテリジェント機能の向上

また、Mavic Air 2では自律飛行モードが改善されており、障害物回避と被写体追跡機能が向上している。 DJIは、Mavic Air 2のFocus Trackシステムは、ドローンの中で最も先進的な追跡システムとしている。次の3つのモードが選択できる。

Active Track 3.0:マッピングの改善と障害物回避の改善(未テスト)。被写体が木などに隠れて一時的に見えなくなった場合にも被写体を認識することができる(これは従来のバージョンの問題だった)。

Point of Interest 3.0:これにより、被写体の周りに飛行経路を設定できる。これには、対象を動的に追跡する認識機能がある。

Spotlight 2.0:これはMavicシリーズのドローンで初めて搭載されたもの。Spotlightは、ユーザーがドローンを操作している間、被写体をフレームにとどめる。

主な仕様

AircraftWeight570 g
SizeFolded: 180×97×84 mm (Length×Width×Height)
Unfolded:183×253×77 mm (Length×Width×Height)
Diagonal Distance302 mm
Max Ascent Speed4 m/s (S Mode), 4 m/s (N Mode)
Max Descent Speed3 m/s (S Mode), 3 m/s (N Mode), 5 m/s (S Mode during a sharp descent)
3 m/s (all modes at elevations over 4500 m)
Max Service Ceiling Above Sea Level5000 m
Max Flight Time (without wind)34 minutes
Max Hover Time (without wind)33 minutes
Max Flight Distance18.5 km
Max Horizontal Flight Speed19 m/s (S Mode)
12 m/s (N Mode)
5 m/s (T Mode)
Max Wind Resistance8.5-10.5 m/s (Level 5)
Max Tilt Angle35°(S Mode), 20°(N Mode)*
* 35° under heavy winds
Max Angular Velocity250°/s (S Mode), 250°/s (N Mode)
Operating Temperature Range-10° to 40°C (14° to 104°F)
Operating Frequency2.400-2.4835 GHz, 5.725-5.850 GHz
Transmitter Power (EIRP)2.400-2.4835 GHz:
FCC: ≤26 dBmCE: ≤20 dBmSRRC: ≤20 dBm
MIC: ≤20 dBm5.725-5.850 GHz:
FCC: ≤26 dBmCE: ≤14 dBmSRRC: ≤26 dBm
Hovering Accuracy RangeVertical:

±0.1 m (with vision positioning)
±0.5 m (with GPS positioning)
Horizontal:

±0.1 m (with vision positioning)
±1.5 m (with GPS positioning)

PropellersQuick release, low noise, folding
Satellite SystemsGPS+GLONASS
CompassSingle Compass
IMUSingle IMU
Internal Storage8 GB
BatteryCapacity3500 mAh
Voltage11.55 V
Charging Voltage Limit13.2 V
Battery TypeLiPo 3S
Energy40.42 Wh
Weight198 g
Charging Temperature5° to 40°C (41° to 104°F)
Max Charging Power38 W
CameraSensor1/2″ CMOS, Effective Pixels: 12 MP and 48 MP
LensFOV: 84°
Equivalent Focal Length: 24 mm
Aperture: f/2.8
Focus Range: 1 m to ∞
ISOVideo:
100-6400
Photo (12 MP):
100-3200 (Auto)
100-6400 (Manual)
Photo (48 MP):
100-1600 (Auto)
100-3200 (Manual)
Max Photo Resolution48 MP 8000×6000 pixel
Photo ModesSingle: 12 MP and 48 MP
Burst: 12 MP, 3/5/7 frames
Automatic Exposure Bracketing (AEB): 12MP, 3/5 Frames at 0.7EV Bias
Timed: 12 MP 2/3/5/7/10/15/20/30/60 seconds
SmartPhoto: Scene Recognition, HyperLight, and HDR
HDR Panorama:
Vertical (3×1): 3328×8000 pixels (Width×Height)
Wide (3×3): 8000×6144 pixels (Width×Height)
180° Panorama (3×7): 8192×3500 pixels (Width×Height)
Sphere (3×8+1): 8192×4096 pixels (Width×Height)
Photo FormatsJPEG/DNG (RAW)
Video Resolution and Frame Rates4K Ultra HD: 3840×2160 24/25/30/48/50/60 fps
2.7K: 2688×1512 24/25/30/48/50/60 fps
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120/240 fps
4K Ultra HD HDR: 3840×2160 24/25/30 fps
2.7K HDR: 2688×1512 24/25/30 fps
FHD HDR: 1920×1080 24/25/30 fps
Color ProfilesD-Cinelike, Normal
Video FormatsMP4/MOV (H.264/MPEG-4 AVC, H.265/HEVC)
Max Bitrate120 Mbps
Supported SD CardsSupports a microSD with capacity of up to 256 GB
Supported File SystemsFAT32 and exFAT
ZoomNot available
GimbalStabilization3-axis (tilt, roll, pan)
Mechanical RangeTilt: -135° to 45°
Roll: -45° to 45°
Pan: -100° to 100°
Controllable RangeTilt: -90° to 0°(Default)
-90° to 24°(Extended)
Max Controllable Speed (tilt)100°/s
Angular Vibration Range±0.01°
Vision SystemForwardPrecision Measurement Range: 0.35-22.0 m
Detection Range: 0.35 to 44 m
Effective Sensing Speed: 12 m/s
Field of View (FOV):
71° (horizontal), 56° (vertical)
BackwardPrecision Measurement Range: 0.37-23.6 m
Detection Range: 0.37-47.2 m
Effective Sensing Speed: 12 m/s
Field of View (FOV):
44° (horizontal), 57° (vertical)
Available Downward SensorsDual Vision Sensors + Time of Flight Sensors (ToF)
DownwardToF Measurement Range: 0.1-8 m
Hovering Range: 0.5-30 m
Vision Sensor Hovering Range: 0.5-60 m
Left/RightNone
Downward Auxillary LightSingle LED
SafetyObstacle Avoidance SystemAdvanced Pilot Assistance Systems (APAS) 3.0
Video TransmissionTransmission SystemOcuSync 2.0
2.4 GHz/5.8 GHz Auto-Switching
Max Transmission Distance10 km (FCC), 6 km (CE), 6 km (SRRC), 6 km (MIC)
Live View Quality[email protected]/ [email protected]
Latency (depending on environmental conditions and mobile device)120-130 ms
Video Transmission Encoding formatH.265
Max Live View Bitrate40 Mbps
Operating Frequency2.400-2.4835 GHz
5.725-5.850 GHz
Remote ControllerRemote Controller Transmission SystemOcuSync 2.0
Supported Mobile Device ConnectorsLightning, Micro USB, USB Type-C
Max. Supported Mobile Device Size180×86×10 mm (Height×Width×Thickness)
Operating Temperature-10° to 40°C (14° to 104°F)
Transmitter Power (EIRP)2.400-2.4835 GHz:
FCC: ≤26 dBm
CE: ≤20 dBm
SRRC: ≤20 dBm
MIC: ≤20 dBm
5.725-5.850 GHz:
FCC: ≤26 dBm
CE: ≤14 dBm
SRRC: ≤26 dBm
Operating Current/Voltage1200 [email protected] (Android)
700 [email protected] 3.7 V (iOS)
ChargerCharging Input100-240 V, 50/60 Hz, 1.3 A
Charging OutputCharging Port: 13.2 V⎓2.82 A
USB Port: 5 V⎓2 A
Voltage13.2 V
Rated Power38 W

まとめ

Mavic Air 2は間違いなくMavic 2 ProとMavic 2 Zoomに準ずるものだ。 約800ドルとProの半分の価格で、センサーが小さいにもかかわらず、高性能な圧縮技術で優れたビデオ画質が得られる。 また、従来のMavic Airの最大の問題であったWifi伝送は、高機能な無線伝送を実装することで解決された。

Mavic Air 2は、上位のドローンを脅かす可能性があるにもかかわらず、その時点でのイノベーションを搭載することをためらわない。 Cinema5Dでは近くMavic Air 2をさらにテストする予定だ。2倍の価格を払ったMavic 2 Proよりも優れているのかもしれない。

 

関連商品

【国内正規品】DJI Mavic Air 2+SanDisk Extreme 32GB microSDカード+DJI Care Refresh (Mavic Air2)

 

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する