DoPChoiceのDual Bowens Mount レビュー – コンパクトなデザインでさらなる出力を実現

DoPChoiceのDual Bowens Mount レビュー - コンパクトなデザインでさらなる出力を実現

最近発売されたNanlux Evoke 1200やAputure 600d Proがますます多くのセットで使用され、デイライトバランスLEDライトは出力が増し低コストになっている。ライティングアクセサリーメーカーのDoP Choice/TRP Worldwideは、Bowensマウントの照明器具をダブルで使用して、より出力をアップした。

このフィールドレビューでは、2台のAputure 600d Proを使用して、DoPChoice/TRP Worldwideデュアルボーエンスマウントアダプター、ラビットイヤーマウント、Snapbag Octo 5’、28mmスピゴット付きTバー(デュアルボーエンスマウントアダプターに付属)をテストした。

筆者はTRP WorldwideとDoPChoiceのアクセサリーは、Litepanels Astra 1×1用にいくつか持っているが、新製品を見るのは今回が初めてだ。パートナー企業であるTRP WorldwideとDoPChoiceは、照明用アクセサリーの製造において、高価な製品を作ることで知られている。しかし、長年の耐久性や技術力を重視するのであれば、この価格でも納得できるのではないだろうか。

ファーストインプレッション

385ドルのデュアルボーエンスマウントアダプターを開梱して最初に気づくのは、いくつかのノブを除いて、すべてがしっかりとした金属製であるということだ。

私が新製品を試すときに最初に考えるのは、どこにどのように保管するかということ。デュアルボーエンスマウントアダプターとTバーは、600D Proケースの1つに収めることができるが、370ドルのRabbit Earsや1070ドルのSnapbag Octo 5′キット(ソフトバッグに入っている)を運ぶには、同じケースに十分なスペースがない。

セットアップ

キットに同梱されていた説明書はSnapbag Oct 5′用のものだけ。私はエンジニアではないので、複雑な説明書がなくてもすぐに組み立てることができるものは大歓迎だ。このセットアップは、簡単な方だと思う。しかし、DoPChoice/TRPワールドワイドの経験豊富なユーザーであれば、おそらくもっと早くできるだろう。

DoPChoice/TRP Worldwideチームが事後に送ってくれた上記のリンクは、Snapbag Octo 5′のセットアップ方法を詳しく説明している。

Image Credit: Graham Sheldon

まず、下の写真のように、600D Proを両方ともデュアルボーエンスマウントアダプタに接続してロックする。先にTバーコンボスタンドアダプターを接続してしまうと、アライメントがうまくいかなくなる。

Image Credit: Graham Sheldon

この部分のセットアップでは、下の写真にある小さな金属製のノブが役立つ。このノブを緩めると、BowensマウントがデュアルBowensマウントアダプター上で回転し、ランプヘッドをアダプター内に置くことが容易になる。ランプヘッドの前面に傷をつけないように注意しながら、装置全体とランプヘッドを平らな場所に置き、ランプヘッドを1つずつカチッとはめ込んでいくと、簡単に取り付けることができる。このとき、どちらのランプヘッドにも保護用のプラスチックカバーが付いていないので、両方のランプヘッドをクリックして固定するときには注意が必要だ。

This knob allows the bowens mount to rotate. Image Credit: Graham Sheldon

デュアルボーエンスマウントアダプターを両方のランプヘッドに装着したら、両方のライトを平行に配置する。


次に、両方のBowensマウントを、コンボスタンド用に設計されたTバーアダプターに接続する。このアダプターは、重量的に、Cスタンドには使用できない。ほとんどは簡単だが、このノブ(下の写真)がラチェット式で締められるといいのだが、これはノブが600D Proのヨークの底部に当たるためで、少し不便だ。

When properly seated this knob hits the 600D Pro yoke during rotation — which makes it tricky to safely lock both fixtures in place. Image Credit: Graham Sheldon

Tバーとデュアル・ボーエンス・アダプターは、両方の600Dを所定の位置に固定し、中型の rabbit ears(下の写真)を追加するためのプラットフォームを作る。この rabbit earsは、LitepanelsのGemini 2×1のような2×1 LEDライトパネルと同じアダプターの役割を果たしている。

Image Credit: Graham Sheldon

中型のrabbit earsを設置すると、Wall-Eのようなセットアップになり、ソフトボックスやオクトのスナップバッグなどのアクセサリーを選択できるようになる。ここではSnapbag Octo 5′を装着している。

Image Credit: Graham Sheldon

Octo 5′のSnapbagはコツを掴むのに数分かかるが、一度掴んでしまえば、これまで使用してきた他の製品と比べて簡単に取り付けることができる。もちろん、Snapbag Octo 5′には、マジッククロスからフルグリッド、ハーフグリッドまで様々な拡散オプションがある。

ここで重要なのは、Snapbagの縁にあるコネクターのマジックテープをできるだけ外してから始めること。そして、上部の「 rabbit ears」と下部の「rabbit ears」の両方に小さなロッドを配置していく。この種の金属製曲げ棒システムは、セットアップの際に顔面に当たることがある。しかし、rabbit ears自体の曲がり具合が実際には有利に働き、肝心な時に若干の余裕を持たせることができる。

Octo 5′を設置した結果、信じられないほどの出力を持つ大きなソフトソースができた。撮影時のいくつかの重要な使用例については、後ほど触れる。

Image Credit: Graham Sheldon

Snapbag Octo 5′は、デュアルBowensマウント・ブラケットの背面を完全に囲んでいないため、背面から外部の光が漏れてしまう。これは、光の漏れが壁で跳ね返ってフレームに不要な光が入る可能性がある狭いスペースでは、留意すべきことかもしれない。

Another angle of the T-bar connected to a rolling combo stand. Image Credit: Graham Sheldon

セットアップが完了したので、早速使ってみたい。

全体的な印象

この機材全体がローリングコンボスタンドにぴったりで、構成後の重量と全体のサイズを考えると他のものは使えない。Snapbag Octo 5′を装着した場合、移動するために分解するのは時間がかかりすぎると感じるかもしれない。全体的なセットアップ時間としては、1人で、あるいは少し練習すれば、10~15分で完成させることができ、2人なら10分以内に簡単に組み立てることができる。

Image Credit: Graham Sheldon

これは室内の外光に対抗し、外光と内光を同時に適切に露光するための大きなソフトソースだ。天候にもよるが、インタビューのキーライトとしても最適だし、屋外のシーンで太陽による影を消すのにも役立つ。


繰り返しになるが、Snapbag Octo 5′の後部からの光漏れは、狭い場所で作業するユーザーにとって考慮すべき点だ。また、Tバーのノブは600D Proのヨークと干渉する。また、デュアルボーエンスマウントでは、Aputureのアクセサリーを追加で使用することはできない(もちろん、ボーエンスマウント自体はデュアルマウントに固定されている)。これは、Snapbag Octo 5′を搭載した高出力のソフトソースの場合には、当然ながら問題にならない。しかし、2台の600D Proから高出力のハード光源を得ようとするなら、コンボスタンドの周りにしっかりとした旗や液晶の入ったフレームを作り、被写体にこぼれる光を抑える必要がある。DoPChoice/TRP WorldwideがSnapgridアクセサリーを製造しているが、これは光のこぼれを抑えるのに役立ち、中程度のrabbit earsアダプターで動作するが、私自身はその構成を試していない。


他に留意すべき点は、600D Proが2台あるということは、600D Proバラストが2台あるということだ。これらは大型なので、コンボスタンドのベースに固定するためのスペースと、ランプヘッドを超える重量を考慮する必要がある。

まとめ

現時点では、DoPChoice/TRP Worldwide Dual bowens Bracketよりも、2つのBowensマウント機器を1つのスタンドに組み合わせる方法はない。さらに、この斬新なアクセサリーは、高出力のLEDデイライトソースとしても機能する。 2人以上のクルーであれば、これは素晴らしいソリューションとなる。また、スタジオで、頻繁に移動する必要のないソフトソースが必要な場合、これはソリューションとなるだろう。

このリグがDoPChoice/TRP Worldwideのマウントエコシステムにうまく適合していることから、2×1rabbit earsブラケット(中)と互換性のある他のアクセサリーも順次追加されていくだろう。また、Bowensマウントを使用するライトのリストは増え続けており、この事実はこのような投資を将来にわたって保証するものだ。今持っているライティングキットにもう一つの用途を求めるのであれば、この購入は理にかなっている。また、撮影現場では間違いなく注目の的となるだろう。

注:DoPChoiceとTRP Worldwideはパートナー企業であり、この記事では互換的に使用されている。TRP Worldwideは北米での生産と販売を担当し、DoPChoiceはそれ以外の地域を担当している。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する