Hedge Connectアプリ - Hedge for Mac用リモートモニタリングアプリを追加

Hedge Connectアプリ - Hedge for Mac用リモートモニタリングアプリを追加

先のIBCでアナウンスしたが、Hedge Connectがデータ転送ツールHedge for Mac用のアプリがApp Storeで発売されている。Hedge for Mac3月に初めてリリースされたが、着々と進化している。

Hedge Connect

You can install Hedge Connect on iOS devices such as iPhone or iPad. There’s no native Apple Watch app yet, but you can still receive notifications from the iOS app.

Hedge Connectとは

Hedge for Macは既に紹介している(最初のレビューはこちらで、追加レビューがこちら)が、改めてそのパフォーマンスの素晴らしさには驚かされる。チェックツールでそのスピードを計測してみると、ファインダーでのコピー/ペーストと同じくらいの速さを確認できる。その理由は一般的なMD5ではなく、HedgeのxxHashアルゴリズムにある。実際、Macのスピードにもよるが、HedgeはMD5よりも15%高性能と言っている。

新たにリリースされたHedge ConnectアプリはHedge for Macの転送状態をリモートでモニターできる。なお、これはプレミアムバージョンでも、無料バージョンでも可能。アプリをダウンロードして、現在使用しているHedge for Macにリンクするだけ。リンクにはアプリのPreferenceに表示されているパスコードを使用する。

Hedge Connect

メインのアプリがiOSのアプリとリンクされれば、転送が完了していなくても、この通知機能が可能となる。これで、転送がいつ終了するか正確に知ることができる。

もし予期しない問題が発生したら、アプリが教えてくれる。

自分でテストしたところ、全て問題なく、エラーメッセージも出ず、期待通りの結果だった。なお、新機能を使うためには、Hedge for MacをVer1.5にアップデートしておく必要がある。

将来の発展

Hedge for MacのCEO、Paul Matthijs LombertはiOSアプリについて、次のようにブログに書いている。

我々にとってHedge Connectはスターティングポイントに過ぎません。それはHedge for Macを最初にリリースしたときと同じです。それ以降、度々アップデートしてきましたが、Hedge Connectに対しても同じようにしていくつもりです。

Hedge Connectは9.99ドルで、転送が終了したことを教えてくれるだけで、それほど多くの機能を持っているわけではない。そう言うと、単機能のアプリのように思われるかもしれないが、忙しい時にはかなり有用だ。経験から言うと、撮影時に煩わしいことを解決してくれるツールは、極めて有用な場合が多い。

Hedge Connect

Hedge Connectの将来のバージョンはリアルタイムプログレスバーか、リモートコントロール機能だろうとPaulは言っている。自分としても、その方向が正解と思う。

現在はシンプルなアプリだが、多くのポテンシャルを持つ有用なアプリと思われる。

現在のところiOSのみの対応だが、必要なら是非Android版もリクエストして欲しい。また、Hedgeのブログもチェックすると良いだろう。

Hedge for Macはcinema5Dの読者には10%ディスカウントされる。詳しくはこちらをご覧いただきたい。

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する