広告

iFootageが Anglerfish LEDライトの新ラインアップを発売

iFootageが Anglerfish LEDライトの新ラインアップを発売

iFootageは、照明機器に初めて参入し、Anglerfish DNとHL1シリーズをリリースする。どちらもLEDライトで、前者は映画のようなCOBライトで3サイズ、後者はコンパクトでマグネット式のポケットライトだ。

iFootageは、主にスタビライザー用のギアを製造している。三脚、モーションシステム、スタビライザーは、巧妙な機能と非常に優れた品質を備えており、非常に手頃な価格設定となっている。iFootageのAnglerfish LEDライトも、競争の激しいこの市場に同じアプローチを取ろうとしている。

iFootageiFootage Anglerfish SL1 DN60、220、320

まずiFootageのAnglerfish DN LEDから。用意されているのは「Anglerfish SL1 DN 60」「DN 220」「DN 320」の3モデルで、末尾の数字はワット数を表している。iFootage Anglerfish DN LEDライトはすべて、業界標準のBowensマウントとアクティブクーリングを備えている。

ifootage anglerfish power supply
Source: iFootage

2つの大型ライトには、セット内での持ち運びに便利なハンドルとDMXコントロールポート、ロック可能なXLR電源ポートが装備されている。電源とコントロールは外付けされており、ライトスタンドに吊り下げるためのフック、ノブ、設定調整用の小型ディスプレイが一体化されている。

DN 60のみ、コントロール類が照明器具の裏側にある。Anglerfish SL1 DN 60のための興味深いアクセサリーはピストルグリップで、Vマウントが統合されている。

ifootage anglerfish amount grip
iFootage Anglerfish V-mount handgrip. Source: iFootage

色の精度と効果

DNシリーズは、CRI 98、TLCI 99、CQS 97を達成している。iFootageは、LEDライトに完全で正確な昼光スペクトルを再現することを目指し、手頃なCOB LEDライトによく見られる青いスパイクを排除したと述べている。さらに、すべてのDNライトは、パパラッチ、花火、ライトニング、ストロボライト、溶接ライト、パルス、爆発を含む8つの特殊効果を行うことができる。

iFootage Anglerfish HL1 C4ハンディライト

ifootage anglerfish handy light

DNシリーズとは別に、iFootageのAnglerfish HL1 C4 RGBW Handy Lightも発売される。16個のLEDを搭載し、裏面はマグネット式で、側面でコントロールが可能な多機能な小型照明器具だ。さらに、磁石で取り付けられるディフューザーが付属している。

バッテリー駆動時間は2時間で、USB-C経由でホットチャージして延長することができるため、ストリーマーやブロガー、大きな撮影での素早いアクセント照明に適している。ライトは4色展開で、付属のコールドシューマウントを使用することができる。

iFootage Luminアプリ

今回発表されたすべてのライトは、iFootageのLuminアプリを使用してBluetoothでコントロールすることができる。Anglerfish DNシリーズは、メッシュを形成して設定を共有し、同時にコントロールすることも可能。また、Luminアプリにはミュージックモードがあり、ライトを制御するデバイスの周囲に流れる音楽に反応したライトエフェクトを提供する。

価格と発売時期

iFootage Anglerfishライトはすべて発売済み。iFootageは、LEDの先行メーカーには遅れているかもしれないが、興味深い機能をもたらしている。この市場セグメントに新風を吹き込むことができるかもしれない。

詳しくは、iFootageのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手