広告
広告

MacBook Pro M1 MaxとDell Precision 5760の動画編集における比較

MacBook Pro M1 MaxとDell Precision 5760の動画編集における比較

今回は、Netflixの「ハウス・オブ・カード」のタイムラプスによるイントロでおなじみの撮影監督兼編集者、Drew Geraci氏によるゲスト投稿をお送りする。数年前、私たちはトークショー「On the Couch」の一環としてDrew氏に話を聞いた。(トークショーのパート1はこちら、パート2はこちら) この記事でDrew氏は、Appleの新しいMacBook Pro M1 MaxとDell Precision 5760をいくつかのレンダーベンチマークで比較している。

この2つのモデルを比較した理由

新しいMacbook Pro M1 MaxとDell Precision 5760との比較を見たいと思った主な理由は、ずっと昔、私はAppleユーザーだったからだ。2013年版Macbook Proが発売されて以来、私はWindowsベースのパソコンに全面的に切り替えることを決めた。Appleのロゴが入ったただの箱ではなく、支払った対価に見合ったパフォーマンスを得ることができるからだ。撮影監督やタイムラプス写真家として、ソニーα1やRED 8k Heliumのような超高解像度の映像を含む大量のデータを処理できるシステムは、私にとって必要不可欠なものだ。当時、そして今年の10月まで、アップルは私が求めていたようなパワーを提供してくれなかった。しかし、新しいM1 Maxチップの導入により、1年前のMacbook Proシステムよりも明らかにパフォーマンスが向上しているので、私はMacbook Proをもう一度試してみて、私が使っているプロ向けのDell Precision 5760と比較してみることにした。

私はDellのブランドパートナーであることを明記しておくが、私は両方のシステムを額面通りに評価した。私はどちらのノートパソコンにも偏らないように努力したが、ビデオの結果がそれを物語っていると思う。

WindowsユーザーとAppleユーザーの間には、主に一方が他方をより優れている、あるいはより速いと考えるために、常にこのような前後関係(憎悪に近い文化)が存在している。私のレビューのネタバレになるかもしれないが、今ではそのようなことはない。どちらかというと、この2つのシステムは、今では支払ったものを実際に手に入れることができ、どちらもが勝者だからだ。

MacBook Pro M1 Max Dell Precision 5760
MacBook Pro M1 Max Takes vs. Dell Precision 5760. Image credit: Drew Geraci

両システムに対するファーストインプレッション

デザインとフォームファクターは私にとって必ずしも重要ではないが(私はパワーしか気にしないので)、新しいMacBook Proのデザインは非常につまらなく、10年前とほとんど変わらないと言える。しかし、Precisioはより現代的で、17インチのラップトップでありながら、16インチのケースにも簡単に収まる。私がこれを気に入っている理由のひとつは、超高性能であることに加えて、携帯性に優れていることだ。新しいMacbook Proは、デザイン的には決して悪いものではないが、これまでのバージョンに比べて、少しかさばり、エレガントさに欠けている。どちらのシステムも気に入っているのは、SDカードリーダーをはじめとするたくさんのポートオプションが用意されていることで、外出先での写真の転送も問題ない。また、外出時に余分なドングルをたくさん持っていく必要もない。どちらのシステムもすべてが集約されていて、うまく機能している。

外出先でカラーキャリブレーションが可能なスクリーンを見つけるのは難しいことだ。オフィスやスタジオ以外の場所でコンテンツを配信する場合でも、自分が見ている色がクライアントに届く色であることを確認したいからだ。2つのスクリーンを見た第一印象は、とても素晴らしいものだった。4Kコンテンツを視聴・再生すると、どちらも美しく、豊かな色調を表現している。しかし、テスト中に明らかになったのは、Macbook Proのモニターを実際にキャリブレーションする方法がないということだった。そのため、適切にキャリブレーションされているのか、あるいは将来的にキャリブレーションされなくなる可能性があるのか、疑問を感じた。一方、Dell Precisionでは、カラーキャリブレーターDatacolor Spyder X Proを簡単に接続することができ、約2分で画面がキャリブレーションされ、ハードウェアによってキャリブレーションされていることが確認できた。このため、モニターの再生色には歴然とした違いが見られ、Macbook Proでは画面に黄色の色合いが加わり、Precisionではホワイトバランスが適切に保たれているように見えた。全体的にはどちらの画面も美しい。

The M1 Max performed better than I expected, from past experience with MacBook systems. Image credit: Drew Geraci.

パフォーマンス

これが、今回この2モデルをテストした最大の理由だ。正直なところ、過去のMacbook Proシステムの経験から、Macbook Proがこれほどのパフォーマンスを発揮するとは思っていなかった。しかし、M1 Maxチップを搭載したMacbook Proは、その性能を向上させており、正直なところ、私はこのシステムを見直すことになった。以前のバージョンでは、Windowsベースのラップトップとのパフォーマンスの差は40%から60%にも達していた。特に DaVinci Resolve内でのAfter EffectsやFusionクリップのレンダリングに関しては、Appleはパフォーマンスの差を縮め、場合によってはDell Precisionよりも優れていた。これは私にとって最も驚くべき違いだった。どちらのプログラムでも、NVIDIA RTX A3000がM1 Maxチップを大幅に上回るだろうと思っていたが、複雑なAEのシーンでは、Macbook ProがPrecisionに1分以上の差をつけていた。大したことではないと思われるかもしれないが、レンダリングに1時間かかるような大規模なシーケンスをレンダリングするのであれば、より高速なマシンを選ぶのは当然のことだ。そうは言っても、DellにはA5000 GPUを搭載した7700シリーズのラップトップがある。これは絶対的なパワーを持っていて、私のテストでは最高レベルのMacbook Proをかなり上回る性能を発揮したが、コストも指数関数的に上がってしまう。

どちらのシステムも、並べて使ってみると、6,000ドルのノートPCに期待されるようなパフォーマンスを発揮する。どちらも高解像度の映像をリアルタイムで再生し、リアルタイムでVFXを適用し、それらのショットをわずか数秒でレンダリングすることができる。どちらも、納得できる速さだ。

MacBook Pro M1 Max – it comes with ports again! Image credit: Drew Geraci

まとめ

パソコンメーカーの間には、常に健全な競争がある。M1チップの導入により、インテル、NVIDIA、AMDなどのメーカーは、自社のチップのパフォーマンスを高めるために努力する。つまり、AppleとWindowsの両方のユーザーが大きな恩恵を受けることになり、最終的には全員が勝者となる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する