広告

NANLITEがForza 60C RGBLAC スポットライトを発表

NANLITEがForza 60C RGBLAC スポットライトを発表

新製品 NANLITE Forza 60C は、コンパクトで持ち運びに便利な RGBLAC ワイドガムットスポットライトだ。最大輝度12,810ルクス(1m)、非常に広い色温度範囲(1,800~20,000K)、FMおよびBowensマウントの互換性、複数の電源および制御が可能。

同社は30年を迎え、年初から照明の新製品を次々と発表している。その中には、PavoBulb 10C、PavoTube T8-7X、そして最近発表されたForza 720と720Bが含まれている。

後者は、NANLITE のこれまでの照明器具の中で最も明るい照明器具だ。現在、同社はForzaスポットライトシリーズを拡張しており、NANLITE Forza 60Cを発売した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

NANLITE Forza 60Cの特徴

新しいNANLITE Forza 60Cは、RGBLAC(レッド/グリーン/ブルー/ライム/アンバー/シアン)6色技術に依存するフルカラーLEDスポットライト。同社によると、この新しい方式は、既存のRGB、RGBW、RGBWWのライトと比較して、異なる色にわたってより一貫した出力と、より完全なスペクトルを提供するとしている。

Image credit: NANLITE

Forza 60Cは、CRI 96、TLCI 95を記録している。6色システムにより、1,800から20,000Kまで、かなり印象的な色温度範囲を実現することができる。このライトは100%調光可能で、±100のグリーン/マゼンタ調整を提供し、HSI/RGBW/XY動作モードをサポートしている。

Image credit: NANLITE

NANLITEは、このライトは付属のリフレクターを使用した場合、1mの距離で最大12,810ルクス(5,600K)を出力できると述べている。意外なことに、この値によって新しいForza 60Cは、より手頃な60Bモデルよりも性能が低くなっているが、後者はCCT範囲が限られている(2,700~6,500K)。

Image credit: NANLITE

60Cは、アクセサリー用のネイティブFMマウントを備えているが、ボーエンス式マウントアダプターも付属しており、より幅広いライトシェーピングツールとの互換性を確保し、硬質または軟質の光の質を実現している。

デザイン、パワー、コントロール

Forza 60Cは、軽量で持ち運びに便利なように設計されている。ランプヘッドの重量はわずか1.08kg、サイズは224×110×88mmで、片手に簡単に収まるサイズだ。付属のバッテリーグリップに対応したL字型ヨークを採用し、ハンズフリー、ケーブルレスで使用できる。

Forza 60Cは、本体裏面にある15VのDC INソケットから電力を供給できるほか、NP-F型バッテリーやVロックバッテリーを外付けすることも可能。バッテリー駆動でも最大輝度に影響を与えないため、屋外でも十分な出力が得られる。

Image credit: NANLITE

ユーザーは、ライトをコントロールするために異なる方法を選択することができる。基本的な設定はオンボードのダイヤルまたは2.4GhzのWi-fi接続でアクセスでき、より精密な制御はNANLINKスマートフォンアプリ(iOSとAndroidの両方に対応)またはDMX/RDM制御で行うことができる。

最後に、本機にはインテリジェントな放熱システムが搭載されている。冷却ファンの速度は動作環境の温度に応じて自動的に調整され、なおかつノイズレベルは最小(約20dB)に抑えられている。

Image credit: NANLITE

価格と発売時期

新型「NANLITE Forza 60C」の正式な小売価格は699ドル。付属のキャリングケースには、ランプヘッド、保護キャップ、ヨーク、リフレクター、電源コード、ボーエンマウントアダプター、バッテリーグリップが収められている。

より詳細な情報は、NANLITEのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects