Laowaから9mm f/5.6超広角レンズが発売

2020.6.10

Venus Opticsが2つの新しい広角9 mm Laowaレンズを発表した。 1つ目はLaowa 9mm f / 5.6で、フルフレームカメラ用の世界で最も広角なレンズだ。ライカM、ソニーFE、ニコンZレンズマウントに対応する。 2番目のレンズはLaowa 9mm T2.9で、APS-Cセンサー対応。9mm f / 2.8レンズのシネバージョンだ。これは、富士フイルム X、ソニーE、およびマイクロフォーサーズ(MFT)マウントに対応する。どちらのレンズもフルマニュアルで、6月に出荷を開始する予定

 

Venus Opticsは手頃な価格で人気のLaowaブランドで知られる中国のレンズメーカーで、今回新しい超広角レンズをラインナップに追加した。同社のKevin Yeung氏に話を聞いた。

Laowa 9mm f/5.6

一つ目のレンズは新しいLaowa 9mm f / 5.6で、フルフレームミラーレスカメラ用の世界で最も広い広角レンズだ。レンズは非常にコンパクトで、350グラムと軽量。樽型歪みのない135°FOVを提供する。魚眼レンズではない。

Laowa 9mm f/5.6 full-frame lens. Source: Venus Optics

最短合焦距離はわずか12 cmのため、フロントレンズから約3〜4 cmの距離にある被写体に焦点を合わせることができる。このレンズはフルマニュアルレンズだ。他のLaowaレンズと同様、電気接点がなく、カメラとの通信はできない。

光学設計に関しては、2つの大きな非球面レンズと2つの超低分散レンズが搭載されている。 Venus Opticsによると、歪みや収差は最小限に抑えられている。歪みはほとんど無いが、LaowaはZero-D(ゼロ歪み)レンズとして扱っていない。

Laowa 9mm f/5.6 full-frame lens – optical design. Source: Venus Optics

Laowa 9mm f / 5.6は標準の円形フロントフィルターを取り付けることはできないが、他のメーカーとの協業で、100mmの正方形のスライドインフィルターを挿入できるフィルターホルダーを用意している。これは間もなく発売される予定。まだ確認されていないが、将来的にはレンズの背面(レンズとセンサーの間)にフィルターを挿入するオプションも可能性がある。実際、Laowaは以前、これを同社の超広角レンズの1つに組み込んでいた。

Laowa 9mm f/5.6の主な仕様

  • 焦点距離:9 mm
  • 絞り:f / 5.6
  • 画角:135°
  • フォーマット:フルフレーム
  • レンズ構成:10群14枚
  • 絞り羽根:5枚
  • 最短合焦距離:12 cm(センサーから)
  • 倍率:1:4.8
  • フィルタースレッド:なし
  • フォーカスモード:マニュアルフォーカス
  • 寸法:62.4 x 66 mm
  • 重量:350g
  • カラー:ブラック、シルバー
  • マウント:ライカM、ニコンZ、ソニーFE

レンズマウント

Laowa 9mm f / 5.6レンズには、3種類のレンズマウント(ソニーFEマウント、ニコンZマウント、Leica Mマウント)がある。ライカMバージョンは他のミラーレスカメラに適合させることができる。ライカMマウントのフランジ焦点距離は27.8mmであるため、フランジ焦点距離が短い他のすべてのミラーレスマウントに適合できる。

現在市販されているフルフレームミラーレスカメラを考えると、ライカLマウントとキヤノンRFマウントも必要性がある。これらのマウントはどちらもフランジ焦点距離が20mmで、KIPON、FotodioX、7artisansなどが、35ドルから89ドル程度のアダプターを発売している。

Laowa 9mm f/5.6 full-frame lens. Source: Venus Optics

Kevin氏によると、テストではキヤノンのRFカメラではレンズの性能があまりよくなかったとのことだ。

もちろん、富士フイルムX、キヤノン EF-M、MFTなど他のミラーレスマウントへのアダプターもある。ただし、Laowa 9mm f / 5.6レンズを小さなセンサーを搭載したカメラに適合させても、その可能性を最大限に引き出すことはできない。ライカMから富士フイルムのGマウントアダプターまで手に入るので、ミディアムフォーマットセンサーでこのレンズを試すことができる。ただしケラレが予想される。

なお、キヤノン EFやニコンFのようなフランジ距離が長い一眼レフレンズマウントでは使用できない。

価格と発売時期

Laowa 9mm f / 5.6レンズの価格は未定だが、Kevin氏は1,000ドル未満になると語っている。 2020年6月下旬頃に出荷を開始する予定。

Laowa 9mm T2.9シネレンズ(APS-C

もう1つのレンズは、APS-C(Super35mm)センサー用のLaowa 9mm f / 2.8 Zero-Dフォトレンズのシネバージョンだ。レンズのハウジングは、映画制作に合わせて再加工されている。焦点距離が9mmのレンズは、APS-Cセンサーで113°FOVを提供する。

Laowa 9mm T2.9 cine lens for APS-C. Source: Venus Optics

レンズは、開口部とフォーカスリングの両方に標準の0.8 modギアを備え、フルメタル構造になっている。フォーカススローは180°で、55mmのフロントフィルタースレッドがあり、NDやPLフィルターを使用できる。

レンズの重さは247gと軽量。 X、E、MFTマウントに対応する。最短合焦距離は12mm(センサーから)。フォーカスブリーズは最小限に抑えられているが、元が写真レンズのため、完全に取り除かれてはいない。

Laowa 9mm T2.9 cine lens comes in a Pelicase. Source: Venus Optics

価格と発売時期

9mm f / 2.8フォトレンズの価格は499ドルで、シネマバージョンは599ドル。 6月中旬頃に出荷を開始する予定。レンズはカスタムのペリカン1150ケースに入っている。

 

関連商品

 

【国内正規品】 LAOWA 単焦点レンズ 9mm F2.8 ZERO-D ソニーEマウント用 LAO0029

 

 

【国内正規品】 LAOWA 単焦点レンズ 9mm F2.8 ZERO-D FUJIFILM Xマウント用 LAO0027

 

 

【国内正規品】 LAOWA 単焦点 広角レンズ 7.5㎜ F/2 MFT マイクロフォーサーズ用 LAO0022

 

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する