Venus OpticsがLaowa 9mm f/2.8を発表 - APS-Cの世界最広角レクティリニア・レンズ

Venus OpticsがLaowa 9mm f/2.8を発表 - APS-Cの世界最広角レクティリニア・レンズ

Venus OpticsLaowa 9mm f / 2.8レンズを発表した。これは、超広角で明るく、軽量設計されている。優れた光学性能を持ちなが小型軽量に設計されているので、様々な撮影に持って行けるだろう。

Laowa 9mm

Laowa 9mmは113°の画角を持つが、歪みはほとんど無い。また、かなり短い焦点距離ながら49mmのフィルタースレッドも刻まれている。また、重量はわずか215グラムだ。

概要

Laowa 9mm f / 2.8 Zero-Dは、Laowa ‘Zero-D’ラインナップの3番目のレンズだ。 15ミリ(記事はこちら)と12ミリ(レビューはこちら)はすでに発売されている。今回の新製品は、わずか9mm(35mm換算13.5mm)という非常に短い焦点距離だ。超広角レンズでは、ケラレや樽型歪み、像面湾曲、色収差などに悩まされることが多い。 Venus Opticsはこれらの光学的な問題をうまく解決している。

Laowa 9mm

この非常にコンパクトなマニュアルレンズは、2枚の非球面レンズと3枚の超低分散レンズを含む、10群15枚で構成されている。歪みと色収差はかなり抑え込まれているが、開放で撮影するとケラレと像面湾曲が多少見られる。 f / 4では、湾曲は完全に見えなくなるが、ケラレはわずかに残る。

Laowa 9mm

image credit: Venus Optics / Jeffrey Poon

超広角にもかかわらず、このレンズは非常に小さくできている。長さは約53ミリで、また相当軽量なので、殆ど荷物にならない。しかし小さいながらもAPS-Cカメラにマウントすると、世界が一変するだろう。超広角レンズで撮影するのは非常に楽しい。最短撮影距離が12cmというのも、楽しい映像を期待できる。

Laowa 9mm

Laowa 9mmは、ソニーE、フジX、キヤノンEOS-Mの3種のマウントに対応している。

このレンズは49mmのフィルタースレッドを備えている。このような短い焦点距離のレンズは、通常のねじ式のフィルタをできないのだが、Laowa 9mmはレクティリニア・レンズのため装着することができる。

価格と発売時期

Laowa 9mm f / 2.8 Zero-Dは現在Venus OpticsのWebサイトで予約注文ができる。価格は499ドルとなっている。

Laowa 9mm

image credit: Venus Optics / Jonas Rask

さらに、先着100オーダーには、無料のLaowa 49mmフィルターセット(CPL + UV + ND 1000)が付いてくる。出荷は4月上旬から開始の予定。

完全マニュアルのレンズだが無限の可能性を持っている。小型軽量なのでドローンやジンバルには最適と言える。なお、このレンズはAPS-Cで、フルフレームには対応していない。

Links: Venus Optics

国内では株式会社サイトロンジャパンが扱っている。

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する