Nu Grip - 水に浮くアクションカメラ用三脚グリップ

Nu Grip - 水に浮くアクションカメラ用三脚グリップ

Nu BearはNu Gripという、アクションカメラ用の水に浮く三脚グリップを発売した。重量は140gで、格納時は23cmだが、引き延ばすと最大56.5cmの長さになる。三脚の足はオレンジ色のブイのようで、水面に浮いているときの視認性が良い。 Nu Gripは GoProマウントを備えている。現在、Indiegogoで$ 62で入手できる。

Nu Grip – 4 in 1 floating tripod pole for action cameras. Source: Nu Bear

Nu BearはRichard氏とBasmah Jolley氏によって2017年にロンドンで設立された。どちらも、航空宇宙産業や、長編映画、ライブイベント、旅行用アクセサリーのデザイナーだ。Nu Gripは同社の最新の作品で、最初のクラウドファンディングキャンペーンでもある。

アクションカメラ用の水に浮く三脚グリップ

Nu Gripは、フロート、グリップ、ポール、三脚のつの機能を1つの製品に併せ持つ。アクションカメラ用の三脚ポールは、従来から市場に出回っている。しかし水に浮くものはなかった。Nu Gripは最初の製品だ。

Nu Grip – 4 in 1 floating tripod pole for action cameras. Source: Nu Bear

Nu Gripの重量は140gで、収納時は23cmのグリップだが、最大56.5cmに伸ばすことができる。また折りたたむと三脚として使用できる。アクションカメラが取り付けられても水に浮く。

オレンジ色のブイのような三脚の足は、水面に浮いているときの視認性が良い。脚部には磁石が埋め込まれており、グリップ位置に固定される。 Nuグリップを広げたままで浮かすこともできる。ほとんどのアクションカメラメーカーで採用されている標準の GoProマウントでカメラをマウントできる。 Nu Bearは、25を超えるアクションと360台のカメラでポールをテストしたと述べている。

Nu Grip – 4 in 1 floating tripod pole for action cameras. Source: Nu Bear

価格と発売時期

Nu Gripは、30日間実行されるIndiegogoキャンペーンで発売されている。現在有効で、2020年7月30日まで可能。キャンペーンはすでに約50,000ドルを調達している。 Indiegogoキャンペーン後は、Nu Gripのウェブサイトで購入できるようになる。

最終的な小売価格は$ 75に設定されているが、Indiegogoでは、$ 62で、約20%割引になる。

Nu Bearは、18か月にわたってNu Gripを開発しており、現在プロトタイプ段階から生産移行中。Indiegogoキャンペーンが正常に終了するとすぐに生産を開始すると述べている。

Nu Grip – 4 in 1 floating tripod pole for action cameras. Source: Nu Bear

Nu BearはNu Gripとそのパッケージは完全にリサイクル可能であると述べている。さらに、Nu Bearは、植林に焦点を当てた組織であるOne Tree Plantedと提携した。同社は、キャンペーンで販売されたNu Grip1本に対して1本の木を植えると述べている。

なお、クラウドファンディングプラットフォームでプロジェクトを支援する場合のリスクに注意いただきたい。 Indiegogoの利用規約、特に「キャンペーンの支援」に関するセクションをお読みいただきたい。製品は大幅な遅れが生じたり、生産が中止になる場合もある。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する