サラモニックがBlink 500ワイヤレスマイクシステムを発表

IBC 2019で、サラモニック(Saramonic)が新しいワイヤレスマイクシステムBlink 500を発表したので、これについて同社にインタビューした。コンパクトなワイヤレスシステムで、ミラーレスカメラやスマートフォンで使用できる。

Saramonic Blink 500 – Image credit: cinema5D

主な特徴

サラモニックBlink 500は、小型カメラやスマートフォンに最適なコンパクトで多用途のクリップオンワイヤレスシステムだ。このワイヤレスシステムは2.4 GHzで動作し、最適なチャンネルを自動的に選択する。世界中のどこでも問題なく2.4 GHz帯域を利用できる。トランスミッターとレシーバーの間の最大距離は50メートル。また、Blink 500システムは、24ビット/ 48 kHzで録音できる。

ニーズに応じて6種類のパッケージが用意されているが、それらはすべて同じトランスミッターを使用する。 また専用のゲインボタンで、録音レベルを調整したり、ミュートすることもできる。トランスミッターは小型で、オムニピックアップパターンと3.5mmジャック入力を備えた内蔵マイクを備えている。これにより、ポケットに入れてラベリア(付属)で使用したり、シャツに直接クリップして使用できる。また、RØDEWireless Goのように、内蔵クリップはコールドシューアダプターとしても機能する。

受信側では、選択できるオプションがいくつかある。

  • 3.5mmジャック出力を介してカメラに接続する「標準」デュアルチャンネルレシーバー。 2つのトランスミッターを1つのレシーバーのみで使用できることに注意。
  • iPhoneおよびiPadで使用できるLightningコネクタを備えたレシーバー
  • Androidスマートフォン/タブレット用のUSB-Cバージョン

トランスミッターとレシーバーは内蔵バッテリーで最大5時間動作する。トランスミッターとレシーバーの側面にあるUSB Type-Cポートを介して内部バッテリーを充電できる。スマートフォンのレシーバーには、Lightning / USB-Cポートから電力が供給され、内部バッテリーは搭載していない。

Saramonic Blink 500 Mobile Phone solution – Image Credit: cinema5D

価格と発売時期

Blink 500は現在入手可能で、トランスミッターとレシーバーが同梱されるカメラキットは179ドルから。ニーズに応じて、各パッケージを利用できる。またエミッター/レシーバを追加購することもできる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する