広告

意外と知らない1インチセンサーの真実

意外と知らない1インチセンサーの真実

1インチセンサーは、実は1インチよりもずっと小さいことをご存知だろうか?このセンサーの対角線は0.63″しかなく、この誤解を招くマーケティング手法については、古いブラウン管(CRT)技術に起因する。
ここ数年で、「1インチセンサー」という言葉を何度も耳にしたのではないだろうか。

ビデオカメラやスマートフォン、あるいはドローンの世界では、この言葉は顧客に対してセンサーがかなり大きいことを示唆するマーケティングの方法として、非常に頻繁に使われている。少なくとも、同様のデバイスに搭載されている標準的なセンサーサイズよりも大きいことは間違いない。

最近の例では、ソニーのXperia PRO-Iスマートフォン(センサー全体を使用していないが、これは別の問題)がある。これを聞くと、少なくとも 1インチとは (通常対角) 実際に物理的に 1 インチ(25.4 mm)あると考えるかもしれない。しかし すべての1インチセンサーの測定対角線は1インチよりもはるかに小さいのだ。

技術系YoutuberのMarques “MKBHD” Brownlee氏は、彼のビデオの中で、メーカーが私たち(顧客)に嘘をつく場合について述べている。ビデオの大部分(07:48~)は、メーカーが私たちに誤解を招く情報を与える方法として、1インチセンサーの状況を解説している。非常によく要約されているので、この記事でシェアしたい。

1インチセンサーはどれくらいの大きさか?

まず、1インチセンサーの本当の大きさを定義するところから始めよう。1インチセンサーとして販売されているイメージセンサーのサイズは、長辺が0.52″(13.2mm)、短辺が0.35″(8.8mm)、対角線が0.63″(15.9mm)だ。これは、そこから派生したすべてのセンサーサイズにも当てはまる。例えば1/2″のセンサーは、物理的な対角寸法が1/2″ではなく、実際にはもっと小さい。では、なぜ1インチセンサーと呼ばれるのだろうか?

1-inch sensor
Real size of 1-inch sensor. Source: mkbhd

“1インチセンサー “の語源となった歴史

なぜ、このような混乱が起こるのか、その背景を理解するためには、放送用カメラの始まりにさかのぼる必要がある。このセグメントで、マルケス氏はVeritasiumのYoutubeビデオ “How Was Video Invented?” から素敵なアニメーションをいくつか借用している。

生放送用に設計された最初のカメラは、明らかにフィルムストライプを内蔵していなかった。このカメラの心臓部は、当時のテレビと同様、ブラウン管(略称:CRT)だ。このブラウン管は、電磁石で曲げられた電子線を常に送ったり受け取ったりしていた。この電子線が、線と線の間にある画像を捉えたり、映したりしていたのだ。簡略化した説明で申し訳ないが、この技術に興味を持たれた方は、ぜひベリタスのビデオを全部ご覧いただきたい。なお、面白いことに、テレビの初期には映像を記録する方法がなかった。生中継しかできなかったのだ。

今日まで各社が1インチセンサーという言葉を使うのは、この初期のテレビカメラに使われていたブラウン管が理由なのだ。ブラウン管の直径が大きければ大きいほど、より多くの光を取り込むことができる。そのため、ブラウン管の直径は1インチが一般的だった。そして、そのチューブの重要な部分である「受光部」の直径は、約0.63″(15.9mm)だった。これが現在の1インチセンサーの物理的な対角線にあたる。

ビデオカメラの鏡筒の大きさは、単純にガラス管の外径のことです。これは、一般的に全体の直径の大きさの3分の2の大きさであるターゲットの感度領域の大きさとは異なります。歴史的な理由から、チューブのサイズは常にインチで表されます。1インチのカメラ管は、対角線上で約3分の2インチ、または約16mmの感光部を持っています。

Video camera tube – Wikipedia
1-inch sensor
1-inch cathode-ray tube. Source: mkbhd/Veritasium

今日の1インチセンサー

つまり、現在の1インチセンサーの大きさは、同じ大きさの感度エリアを包含するために必要となる仮想的なブラウン管の直径を指しているのだ。しかし、これは深刻な問題だろうか?私はそうは思わない。1インチセンサーという言葉は確かに誤解を招くが、自分が何を買っているのか、そして他のセンサーサイズと比較したときに、そのサイズがどの位置にあるのかを知っていれば、おそらくそれほど有害ではないだろう。

1-inch sensor
DJI Air 2S with the 1-inch sensor. Image credit: CineD

興味深いことに、マイクロフォーサーズのセンサーでも、辺が18×13.5mm、対角線が22.5mmと、物理的には「真の」1インチ(25.4mm)サイズに達していない。現在、1インチセンサーを1インチ型(または1.0型)センサーと呼んでいるメーカーもある。しかし、このセンサーの真実を知っておくことは悪いことではない。

1-inch sensor
Sensor size comparison. Source: Wikipedia

Sources: mkbhd, Veritasium, Wikipedia

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手