Tilta(ティルタ)がDJI RS 2用のアクセサリーシステムを発表

Tilta(ティルタ)がDJI RS 2用のアクセサリーシステムを発表

Tiltaは、最近発表されたDJI RS2ジンバル用のアクセサリーシステムを発表した。このシステムには、Hydra Arm車載リグ、カウンターバランスハンドヘルドリグ、リンググリップ、さまざまなリモートコントロールハンドル、取り付けアームなどが含まれている。

数日前、DJIは新しいハンドヘルドジンバルRS 2を発表した。 RS 2はRonin-Sの後継機で、RSC2はミラーレスカメラ用の小型の折りたたみ式ジンバルとしてRonin-SCを引き継いでいる。 TiltaはRS2ジンバル用の幅広いアクセサリーを充実しつつある。

TiltaのDJI RS 2アクセサリーシステム

Tilta Accessories for DJI RS 2. Source: Tilta

Tiltaは、RS 2の開発初期段階から、DJIと協力していると述べている。 DJIは、DJI独自のRS2用アクセサリーとは別に、Tiltaに周辺機器インターフェイスの開発プロトコルを使用することを正式に承認している。

Tiltaは、RS 2アクセサリーシステムのすべての製品が、DJIエンジニアリングチームによって一連のテストを実施され、設計、操作、耐久性が向上したと述べている。これにより、これらのアクセサリーに信頼性が伴った。

Hydra Arm

Tiltaアクセサリーの最初のセットは、Hydra Arm Systemを利用して車に取り付けるもの。もともと、Hydra ArmはNAB2018で発表され、高予算の撮影を目的としたはるかに大きな製品だった。(ビデオはこちら)。

Hydra Alien Car Mounting Systemは、複数の吸盤を備えたDJI RS 2(または従来のDJI Ronin-S)用のポータブル取り付けソリューションだ。車のドアやボンネットなど平らな面に取り付けることができる。カメラの配置は、ハイアングルからローアングルまで簡単に変更することができる。リモートコントロールハンドユニットが付属する。

Hydra Alien Car Mounting System. Source: Tilta

Hydra Motorized Sliderは、持ち運びに便利なように折りたたみ式の、軽量で用途の広いスライダーシステムだ。リモコンでコントロールでき、スライド速度の調整や、A-B地点の移動を制御する。様々な車種に取り付けることができる。

Hydra Motorized Slider System. Source: Tilta

スライダーは車に取り付けるだけでなく、テーブル上でスマートドリーとしても機能する。 RS 2を使用すると、モーションタイムラプスやさまざまなトラッキングモードを使用できる。

ハンドヘルドジンバルカウンターバランスシステム

Handheld Gimbal Counterbalance System. Source: Tilta

このカウンターバランスシステムにより、より重いカメラシステムで、より長いテイクを撮影することができる。手や肩にかかる重量を分散するベイストバックルが付いている。 RS 2をSteadicamのようなリグに追加することで、ARRIのTrinityと同じように機能する。低角度と高角度の間でカメラの位置を変更でき、よりスムーズな動きを実現できる。

Handheld Gimbal Counterbalance System. Source: Tilta

ケーブルカメラシステム

Tiltaのケーブルカメラシステムは、最大100mの移動距離が可能。最大荷重は10kgなので、最大耐荷重のカメラをマウントしたRS2ジンバルにも対応できる。

Cable Camera for DJI RS 2. Source: Tilta

最高速度は4m / s。このシステムは、ワイヤレス制御と超音波自律障害物回避機能を搭載している。上部にVロックバッテリーを備え、さまざまなカメラに複数の電力供給ができる。

ハンドヘルドアクセサリー

最後に、Tiltaは、RS2ジンバルのハンドヘルド操作を容易にするため、多くのアクセサリーを開発した。Advanced Rear Operating Handleは、ジンバルをリモートで制御でき、ジンバルを長時間保持することによる疲労を軽減するのに役立つ。また、モニターやその他のアクセサリー用にコールドシューも用意されている。

Advanced Rear Operating Handle for DJI RS 2. Source: Tilta

Remote Control Handleは、DJI RS2ジンバルを直接制御でき、ビデオ録画、写真撮影、フォローフォーカス(NucleusNanoおよびNucleusMを使用)などを操作できる。Tiltaのフォーカスハンドルは、NucleusNanoおよびNucleusMを直接操作して、ズームおよびフォーカスを制御できる。

Remote Controllers for DJI RS 2. Source: Tilta

Basic Ring GripとAdvanced Ring Gripは、より優れたグリップソリューションを提供する。Basic Ring Gripには、リングにコントロール部が搭載されていない。 Advanced Ring Gripには、ジンバル制御用のTiltaのリモートコントロールハンドルが組み込まれている。リングは、より大型のDJI Ronin 2の形状に似ている。これらには、さまざまなアクセサリーを取り付けるスペースも十分ある。

Basic Ring Grip for DJI RS 2. Source: Tilta
Advanced Ring Grip for DJI RS 2. Source: Tilta

Dual-Handle Power Supply Bracketは安定性を高め、より長い時間の撮影を容易にする。ジンバルには、外部Vマウントやアントンバウアーバッテリーパックから電力を供給できる。右側のアームには、NATOスロット、1/4インチおよび3/8インチの取り付けネジ、コールドシューマウント、およびその他の拡張オプションが付属している。

Dual-Handle Power Supply Bracket for DJI RS 2. Source: Tilta

その他のTiltaのアクセサリーには、さまざまなアームやブラケット、コールドシューアダプター、カウンターウェイトなどがある。これらは、RS2でより良い操作環境を構築する。

Tilta Accessories for DJI RS 2. Source: Tilta

Tiltaは、強化ガラススクリーンプロテクター、カーボンファイバーグリッププロテクター、および軸カバープロテクターを含むRS2保護パッケージも用意している。 Tiltaによると、保護パッケージはRS2アクセサリーのいずれかに無料で同梱される。

価格と発売時期

Tiltaによると、すべてのアクセサリーは2020年11月または12月に発売される予定。価格はまだ発表されていない。

また、CineDでは、これらのアクセサリーの多くをレビューする予定。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する