Tilta(ティルタ)がソニーα7SIII用のリグを発表

2020.10.6
Tilta(ティルタ)がソニーα7SIII用のリグを発表

Tilta(ティルタ)がSony α7SIII用のリグを発表した。ハーフケージとフルケージがあり、グレーまたはブラックが選択できる。取り付けポイントやスレッド、ARRIロゼット、コールドシューがあり、Tiltaのハンドルやその他のアクセサリーを使用することができる。

ソニーは2020年7月末にα7S IIIフルフレームミラーレスカメラを発表した。(レビュー記事はこちら。)現在出荷が始まっている。

Mini Documentary shot with the Sony a7S III – Source: CineD

他のサードパーティメーカーからも、α7S IIIのアクセサリーが発表されつつある。Smallrigもその一つで、最初に発売したメーカーだ。

α7SIII用Tiltaカメラリグ

Tiltaは、このケージをTiltaingブランドで発売した。1/4インチのスレッド、コールドシューズなど多数の取り付けポイントを持ち、カメラ本体を保護し、更に使いやすくなっている。ハーフケージとフルケージがあり、ブラックとグレーの2色が用意されている。

Tiltaing a7S III camera rig – colors. Source: Tilta

ハーフケージの重量は95gで、大きさはカメラ本体からできるだけ大きくならないように設計されている。1/4インチ取り付けネジ穴ま用意されている。また、側面に位置決めピンもある。上面にはコールドシューズが1つ付いている。

Tiltaing a7S III camera rig – half cage. Source: Tilta

フルケージの重量は260gで、ハーフケージよりもかなり大きくなっている。もちろん、より多くの取り付けポイントがある。 また2つのARRIロゼットがあり、Tiltaの回転するトップハンドルを取り付けることができる。更に、NATOレールとコールドシューが上部に備えられている。

Tiltaing a7S III camera rig – full cage. Source: Tilta

Tiltaハンドル

ティルタのハンドルは従来からあるもの。他のリグでも使用できる。回転ハンドルはトップハンドルまたはサイドハンドル(縦位置撮影モードのトップハンドル)としても機能し、ボタンを押すだけでその位置を変更できる。

Tiltaing a7S III camera rig – handles. Source: Tilta

回転ハンドルに加え、電源とREC On/Offコントロールを備えたサイドハンドルもある。このハンドルは360度回転することもできる。 HDMIおよびUSB-Cのプロテクターもラインアップされている。

Tiltaing a7S III camera rig – cable protectors. Source: Tilta

価格と発売時期

ハーフケージの価格は39ドルから、フルケージは79ドルから。

発売時期についてはまだ発表されていない。

ティルタのサイトはこちら

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する